コツコツと続けた人が生き残る!

コツコツと続けた人が生き残る!

From:宮里竹識
研究学園のスタバより、、

”コツコツと続けることが大切”

このような言葉を
あなたも一度は聞いたことがあるでしょう。

勉強でも運動でも貯金でも、
コツコツと続けた人はとても強いです。

これに関して、
ホリエモンこと堀江貴文さんとヒカキンさんが対談を行なっていましたので
紹介します。

 

堀江:
僕とHIKAKINで共通しているのは、コツコツ毎日決まった時間にコンテンツを出し続けること。

これはすごく大切なことなんだけど、意外とできない人が多いんです。

僕はメルマガにしても、システム運営会社の都合で遅配したことありますけど、少なくとも自分は一度も遅れたことがない。

HIKAKIN:
僕も、毎日19時に動画をアップするようにしています。

毎日やると、かけられる時間と手間が限られるので、クオリティを高めるのは難しい。

それで、「週1でいいから、時間をかけてもっと凝った動画にした方がいい」とかアドバイスされるんですよね。

そうすると確かに面白い動画は撮れるんですけど、そのぶんハードルも上がるんですよ。

結局、毎日アップするのは時間的にきつくて内容も薄くなるから、と言ってペースを落とした人ほど見かけなくなって、無理してでも毎日続ける人の方がずっと第一線でやっています。

堀江:
決めるのはすべて自分で、自分が気合いを入れてやるだけの話なんだから、なんで締め切りに遅れたり休んだりする人がいるのかわからない。

YouTubeチャンネルも自分で全部できるんだから、毎日この時間に出すと決めたら、毎日の習慣としてやるだけだよね。

これをできる人とできない人はかなり差がつきます。

HIKAKIN:
成果が出なくて辞めてしまう人と、それでもずっとやり続ける人で分かれるんだと思います。

2011年に始めた僕のYouTubeチャンネルも最初の頃はずっと1万再生ぐらいでした。

2012年になって、当時トップのユーチューバーと一緒に動画を撮ったら僕の動画も見てもらえるようになって、そこから徐々に上がっていきました。

 

 

やはり第一線でコンテンツをコツコツと出し続けている人たちは
言葉に重みがありますね。

自分たちが行動を続けて大きなものを得られたからこそ、
彼らの発言には学ぶべきところがあります。

私も日々コンテンツを出し続けたことで、
ブログ:2千552件
動画:950件
メルマガ:2千202件
電子書籍:3冊
となっています。

これだけのコンテンツを出していくと、
とても大きなものを得られます。

とくに、
たくさんのうつ病で苦しんでいる人に障害年金という経済的安心
があることを伝えられたのが大きいです。

うつ病で働くこともできず貯金がどんどん減っていく、
家族に面倒ばかりかけて申し訳ない・惨めな気持ちになる、
そんな人たちを障害年金が救ってくれました。

私のコンテンツをきっかけに障害年金を知った人の中には、
自分で障害年金の手続きをした人もいますし、
私に依頼して障害年金を手にした人もいます。

色んな人がいますが、
多くのうつ病者に障害年金を知ってもらうことができ、
とても嬉しく思います。

今後もブログ・メルマガ・動画・電子書籍を中心に情報発信していき、
うつ病で働けなくなった人がすぐに”障害年金”という選択肢に気づけるよう
活動を続けていきます!

その活動を通して全国障害年金パートナーズを知った人の一部が
私たちに障害年金の受給代行を依頼してくれればもっと嬉しいです!

 

障害年金丸分かり講座

この動画を見るまで障害年金の手続きをしないでください。

うつ病のあなたが障害年金を受け取るために必要な、
5つのステップを動画で説明します。

 

 

障害年金無料判定を受ける

 

障害年金無料判定を受ける