プリンターのインクが盗まれた!

プリンターのインクが盗まれた!

From:宮里竹識
ヨドバシアキバのトイレより、、

2月2日、妻と一緒にヨドバシアキバに行ったのです。

つくばから世田谷に引っ越したことで色々と必要なものがあり、
いくつかの家電を見にきたのです。

ちょうどプリンタのインクが残り少なくなっていたのでヨドバシで購入し、
インクをもったまま妻と家電を見て回っていました。

ウキウキとしながらデートを楽しんでいたのですが、
事件が起こりました。

それは私がトイレに行った時です。

男子便所で用をたす時、
手がふさがったままでは何もできませんので
便器の前にインクをおいて用を足したのです。

その後、なぜかインクを忘れたままトイレを出てしまったのです。

3分ほどした後インクを忘れたことに気づき、
すぐにトイレに戻りました。

しかしトイレには
私のインクは残っていませんでした。

きっと誰かが忘れ物としてお店に届けてくれているかもと考え、
ヨドバシカメラの店員さんにインクの落し物がきていないか聞いて見ます。

しかし、そのような落し物は届いていないということでした。

まぁ、トイレに忘れ物をした私が悪いのは分かっています。

でも、プリンターのインクなんてマニアックなものを
持っていかなくてもいいじゃないですか(;_;)

私と同じ型のプリンターでなければあのインクは使えないんですよ。。。

もしかしたら、
メルカリあたりで転売されているかもしれませんね。

7千円ほどのインクセットなので、
売れればちょっとした収入になったことでしょう。

ちょっとした悔しさはありますが、
自分のミスでもあるので誰かを責めることはできません。

しかしただ泣き寝入りするのもいかがなものか。

私は基本的にプラス思考で生きています。

今回のインク窃盗事件もどうにかプラスにできないか考えました。

というわけで、
”インク窃盗キャンペーン”
を行います。

私に障害年金の依頼をするときに、
「インク盗まれて大変でしたね」
と声をかけてください。

通常なら障害年金受給代行には着手金が1万円かかるのですが、
これを無料とさせていただきます。

このキャンペーンで障害年金受給代行の依頼が増えれば私も嬉しいし、
お客さんは着手金なしで依頼ができます。

まさにウィンウィンですね。

とはいえこんなキャンペーンを無節操に行うわけにもいきません。

なので、2月4日〜2月8日の5日間限定のキャンペーンとさせていただきます。

また、もうすでに依頼して着手金も支払ってしまったという人もいますので
そのお客さんにも配慮が必要です。

今回のインク窃盗事件は2月2日に発生しましたので、
2月の2日と3日に私に障害年金の依頼をしてくれた人に対しても
「インク盗まれて大変でしたね」
と私に声をかけてくれればキャンペーンを適用させていただきます。

インク盗まれて大変だったけど、
結果的に良い思い出になったと私に感じさせてくださいませ(>人<;)

ではでは、あなたからのご連絡をお待ちしています!

 

障害年金丸分かり講座

この動画を見るまで障害年金の手続きをしないでください。

うつ病のあなたが障害年金を受け取るために必要な、
5つのステップを動画で説明します。

 

 

障害年金無料判定を受ける

 

障害年金無料判定を受ける