うつ病の夫と生活するのはもう限界!離婚すべきなのか!?

From:宮里竹識
下北沢の自宅より、、

※今回の記事は、夫の鬱病で苦しんでいる奥様へ向けた記事です。

うつ病の苦しみは、中々理解されないものです。

突然やってくる不安や気分の落ち込み、
眠れなくなったりすべてをマイナスに考えてしまったり、
さまざまな症状があります。

この他人には理解してもらえないうつ病ですが、
うつ病者の家族がどれだけ苦しい思いをしているかについては
さらに理解されていないのが現状です。

例えば、働き盛りだった夫がある日うつ病にかかったとします。

これまでポジティブに生きてきた旦那が急に元気がなくなるのを見るのは
つらいものがあります。

うつ病が長期化すると仕事にも支障が出て働くことができずに
退職せざるを得ないということにもなります。

そうなると、今度は収入が減り家計が圧迫されることになります。
傷病手当金を受けることができれば給与の約3分の2が支給されますが、
生活に余裕があるわけでもなく、1年6ヶ月で傷病手当金は終了となります。

傷病手当金の終了日が近づくにつれ妻の不安も大きくなります。

それだけではありません。

うつ病となった夫は自分の殻に閉じこもって他人との接触を怖がるようになり、
自分自身を責め、自傷行為に走ることもあります。

最初は夫を支えようと頑張っていても、
夫のためにと思ってとった行動が裏目にでることが多くなります。

こちらの善意を悪意に解釈され、
ちょっとしたことで怒り出し、
何を言っても否定で返される。

やがて、終わりの見えない負の連鎖に疲れ果ててしまいます。

「もう旦那を支えるのは限界。離婚したら楽になれますか」

という相談をうつ病の夫をもつ妻から受けたこともあります。

安易にがんばって夫を支え続けてくださいとか、
離婚した方が楽になるとは答えることができません。

私自身、うつ病だった妻の闘病生活に五年間付き添いましたが、
非常にしんどい思いを何度もしました。

具体的な記述は控えますが、
家族にうつ病者がいる人が感じている苦しみのいくつかは
私も経験しているつもりです。

距離をおいて楽になりたいと何度も思いました。

しかし、心療内科の先生に言われた
「うつ病は誰にでもかかる可能性のある病気ですが、治る病気です。
そして、うつ病は本人だけでなく家族も苦しむ病気ですが、
家族の適切なサポートがあればより早く治すことができます」
という言葉を聞いて、最後まで妻に付き合おうと決めました。

妻が無気力になったり否定的になったり暴力的になるのは、
本人の性格ではなく病気の症状だったんだということを
理解できたのが決め手です。

最初から妻がおかしかったんじゃない、
楽しい思い出もたくさんあったということを思い出すことができました。

また、うつ病は家族も苦しいんだという主治医の言葉で、
「私の苦しさを理解してもらえる人がいた」
と感じられたことも妻の闘病に付き合うことを決めた大きな理由です。

もしあなたの夫のうつ病が原因であなた自身が苦しんでいるなら、
それで離婚することを考えているのだとしたら、
少しだけ考えてみてください。

あなたの夫は出会ったときから今と同じでしたか?
夫にしてもらったこと・言われた言葉で嬉しかったものは何ですか?

うつ病は、家族の適切なサポートがあれば5倍早く治るといわれています。

うつ病の旦那と別れたいという妻を無理に止めることは私にはできません。
どんなつらい思いをしたかある程度理解できますし、
夫の療養に付き合うにも忍耐が必要なことが分かっているからです。

私は、妻の闘病生活に5年つきあったことで苦しみから解放されました。

他人が怖くて電車に乗るのも苦労していた妻ですが、
今ではTwitterで知り合った趣味友に会いに外に出られるようになりました。

二人で登山に行き、すれ違う人とあいさつすることもできるようになりました。

こんな普通のことでも嬉しいものです。

私自身はしんどい思いをしましたが、
あきらめないで良かったと感じています。

あなたがどうするかは自分で答えを出すしかありません。

たとえ別れる道を選んだとしても誰にも責めることはできません。

でも、もう少しがんばって夫を支えてみるという選択をしてもらえたら、
私個人は嬉しく感じます。

日本中で同じように悩んでいる人がいます。

しかし、私には経済的不安を障害年金をとおして
サポートすることくらいしかできません。

初診日から1年6ヶ月以上経過しており、
日常生活に支障がでるような状況であれば
障害年金を受給できる可能性があります。

専用の問合せフォームや電話で障害年金の無料判定を行っていますので、
ご要望がありましたらいつでもご相談ください。



障害年金の受給代行を通じて、うつ病者の経済的不安を解消します!
ー宮里竹識(みやざとたけし)

PS
うつ病による障害年金の受給判定を無料で行っています。
問合せフォームにチェックを入れていくだけなので、5分で申し込みできます。
受給判定を希望の方はこちらをクリックください

収入がなくて家族に負い目や罪悪感を感じている方、社会復帰をサポートします!
社会復帰を希望の方はこちらをクリックください



↓ うつ病で障害年金を受け取るための、魔法の靴の話【動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)