「世の中そんなに甘くない」って本当?

From:宮里竹識
新宿のスタバより、、

「世の中そんなに甘くない」

あなたはこの言葉を言われたことがありますか?

もしあなたが行動力があり、
何事にもチャレンジするタイプであれば
この言葉を言われたことがあるでしょう。

私は社会保険労務士として独立するときに
このような言葉を複数の人から言われました。

「起業しても10年後には96%が廃業しているんだ」
「この不景気で今の安定を捨てるなんてどうかしてる」

こんな言葉も言われましたね。

確かに世の中はそんなに甘くないかもしれない。

でも、
すべての人にこの言葉があてはまるわけじゃ
ないんです。

世論調査などを手がける米ギャラップ社が
世界各国の起業を対象に実施した従業員の仕事への熱意度調査によると、
日本は「熱意あふれる」社員が6%しかいないという結果がでたのです。

さらに、
「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」は24%、
「やる気のない社員」は70%にも達しています。

このような熱意のない人や無気力な人を含めて考えると
「世の中そんなに甘くない」
というのは本当のことでしょう。

でも一部の熱意ある人、行動力のある人にとっては
世の中はさほど厳しいものではなかったりします。

だって、
周りは熱意のない人や無気力の人が多いのですから。

そのような人たちと競争すれば、
熱意のある自分が勝つのは難しくありません。

誰にも負けない熱意と
行動を継続できれば
意外と何とかなるものです。

とはいえ
当然失敗する可能性だってあります。

むしろ成功と失敗の数を比べたら
失敗の方が多いのが普通です。

だから、
もしあなたが何かに失敗して倒れているのなら、
成功した人も皆失敗を経てきているのだということを
思い出して下さい。

発明王のトーマス・エジソンはこう言っています。

「失敗すればするほど、
我々は成功に近づいている。」

「失敗なんかしちゃいない。
うまくいかない方法を見つけただけだ。」

最後の成功すれば人生勝ち組です。

そう考えると、
人生はそれなりに甘いものかもしれませんね。



障害年金の受給代行を通じて、うつ病者の経済的不安を解消します!
ー宮里竹識(みやざとたけし)

PS
うつ病による障害年金の受給判定を無料で行っています。
問合せフォームにチェックを入れていくだけなので、5分で申し込みできます。
受給判定を希望の方はこちらをクリックください

収入がなくて家族に負い目や罪悪感を感じている方、社会復帰をサポートします!
社会復帰を希望の方はこちらをクリックください



↓ うつ病で障害年金を受け取るための、魔法の靴の話【動画】