ロードバイクで筑波山に行ってきました!

From:宮里竹識
つくばの自宅より、、

9月の忙しさもようやく一段落つきましたので、
ロードバイクで筑波山に行くことにしました。

というわけで自宅がある研究学園を出発です。

筑波山までは約15キロの道のりです。

今日は天気も良く、
気温も最適です。

まさにロードバイク日和。

少し走ると早速筑波山が見えてきます。

筑波山までの道はある程度知っているのですが、
せっかくなので自転車用のGPSにナビしてもらうことにしました。

するとどうでしょう。

途中までは良い感じで案内してくれたのですが、
だんだんとおかしな道にナビしてきます。

普通の車が通らないであろう農道や
舗装すらされていない道を通るよう指示してきます。

かろうじて地面が見える草だらけの道を突き進み、
無事に筑波山の麓まで辿り着きました。

これから筑波山の斜面を駆け上るところですが、
その前に腹ごなしです。

ちょうど茨城に住んでいるお客さんからお勧めされていた
ラーメン屋がありましたので、ここに行くことにしました。

それがこのラーメン屋、
松屋製麺所です。

このお店は名前のとおり製麺所です。

その製麺所が出しているラーメンということで、
麺が美味しいと評判です。

お店に入ると
「試食ですか?」
と聞かれました。

「試食じゃなくて普通にラーメンが食べたいのですが」
と答えたところ、
「うちはあくまでも製麺所なので、『試食』という表現を使っているんですよ」
とのこと。

一瞬話が通じなくてドキドキしましたが、
無事にラーメンにありつけそうです。

私が頼んだのはチャーシュー麺。

これから山を攻めるので、
お肉でエネルギーを補充です。

さすが製麺所が作るラーメン。
とても美味しいです。

麺が柔らかでのどごしが良い感じです。

ラーメンでエネルギーをチャージしたところで、
本日のメインイベント、
筑波山へGOです。

ラーメンを食べてエネルギーを補給したばかりということもあり、
最初は余裕で山道を登ることができました。

しかし少しずつ道の傾斜がきつくなってきます。

車だとスイスイ進みますが、
自転車だとスピードが落ちます。

別にタイムを競っているわけではないので
焦らずゆっくりと登っていきます。

ちょっときつくなってきたと感じたら
ロードバイクのギアを軽くしていきます。

順調に登っていたのですが、
何度目かのギアチェンジのとき
事件が起こりました。

これ以上ギアが軽くならないのです。

いつの間にか、一番軽いギアで走っていたようです。

マジか・・・

ちょっとした絶望感を味わいます。

しかしこんなところで負けるわけにはいきません。

適宜水を飲みつつ、
ゆっくり
しかし確実に前に進みます。

一歩ずつペダルを踏み込んでいきます。

諦めなければいつかゴールに辿り着く、
そんな気持ちでした。

そして、ようやく一番上まで登り切りました。

達成感が半端ないです。

ロードバイクを止めて
筑波山神社にお参りです。

私自身の健康と
より多くのうつ病の人に障害年金という経済的安心を届けられるよう
お参りで願いました。

帰りは下り坂なのでブレーキをかけながら進むだけです。
登りはあんなに大変だったのに、
下りはあっという間でした。

下りの途中でかりんとう饅頭を食べます。

思っていた以上に美味しくて驚きです。

また買いに来よう。

そして筑波山の麓まで戻ってきました。

このまま帰ってもいいのですが、
まだ体力に余裕があったので、
筑波自転車道を進んで土浦まで行くことにしました。

晴れ渡る青空、
桜の並木道、
時々横切るバッタやトンボ、カマキリなどの昆虫。

本日の走行距離は55.8キロ、
消費カロリーは1260カロリーとなりました。

かなり疲れましたが、休日を満喫できました。

障害年金のサポートで忙しい日々が続いていますが、
一生懸命働き、全力で遊ぶ、
そんな人生にしていきたいと思います。



障害年金の受給代行を通じて、うつ病者の経済的不安を解消します!
ー宮里竹識(みやざとたけし)

PS
うつ病による障害年金の受給判定を無料で行っています。
問合せフォームにチェックを入れていくだけなので、5分で申し込みできます。
受給判定を希望の方はこちらをクリックください

収入がなくて家族に負い目や罪悪感を感じている方、社会復帰をサポートします!
社会復帰を希望の方はこちらをクリックください



↓ うつ病で障害年金を受け取るための、魔法の靴の話【動画】