うつ病と双極性障害の新たな見分け方!脳の体積が決め手だった!?

うつ病と双極性障害の新たな見分け方!脳の体積が決め手だった!?

From:宮里竹識
秋葉原のオフィスより、、

抑うつ状態が続くうつ病と、
躁状態とうつ状態を繰り返す双極性障害。

どちらも、うつ状態における症状はとても似ています。

このことから、
うつ病と双極性障害の病名判断は
専門医でも難しいものでした。

とくに躁状態の小さな双極性障害Ⅱ型という病気は、
うつ病と区別が難しいのです。

そして、うつ病と双極性障害とでは治療で使う薬が異なるのですが、
病名診断を誤ってしまうと、
本来飲むべき薬と異なる薬を処方されてしまいます。

そうなると、当然病気は改善せず、
治療が長期化してしまいます。

これがうつ病と双極性障害の病名判断問題でしたが、
この問題を解決する方法が、山口大学の松尾准教授らの研究チームによって
提示されました。

研究チームは、
うつ病と双極性障害の患者、
そして健常者の合計1531人の脳をMRIで検査し、
画像を比較しました。

その結果、
双極性障害の患者は、うつ病患者に比べて、
前頭葉の2箇所の体積が小さいことが分かったのです。

念のため、米国の患者の脳画像でも同じ調査を行いましたが、
同様の結果が得られました。

松尾准教授は、
発表資料の中でこうコメントしています。

今回の結果は、双極性障害とうつ病の脳の仕組みの違いを明らかにする
助けになります。将来、MRI検査で客観的な診断を下すことができるばかりか、
これらの部位を回復させる治療法の開発につながります

これまでは病気の症状からうつ病と双極性障害を判断していたので、
どうしても主観が入ってしまいました。

これが脳の画像という客観的な判断基準が加わることで、
より正確な病名判断ができるようになるのです。

MRIによる脳画像を使って病名の誤診断がなくなれば、
適切な治療を受けられるようになり、
はやく病気が治る人も増えると思います。

こういう技術はどんどん実用化してほしいですね。