母親から虐待を受けた子はうつ病になりやすい!?

母親から虐待を受けた子はうつ病になりやすい!?

From:宮里竹識
つくばの自宅より、、

出産後の女性を対象に調査を行ったところ、
子どもの頃に母親から頻繁に虐待を受けていた人は、
そうでない人と比べて6倍以上もうつ病などのリスクが高い
という調査結果を、順天堂大学などの研究チームが発表しました。

研究チームは、
2001年からの9年間で、
産科医療施設で出産した3814人を調べたところ、
次のようなことが分かったのです。

メンタル不調が現れた女性130人のうち、
●母親からの虐待がよくあった:14人
●時々あった:37人
●なかった:79人
となりました。

メンタル不調がなかった3684人の女性を見てみると、
●母親からの虐待がよくあった:62人
●時々あった:434人
●なかった:3188人
となりました。

この結果をオッズ比でみると、
母親からよく虐待を受けていた女性は、
虐待がなかった女性にくらべて6.46倍も
うつ病などのメンタル不調に陥るリスクが高かったのです。

虐待が時々あったという女性を比べた場合でも、
虐待が時々あった女性は、そうでない女性にくらべて2.62倍も
メンタル不調のリスクが高かったのです。

この結果について研究チームは、次のようにコメントしています。

子どもは母親とは接する機会が多く、
虐待されると強い心理的重圧となって
精神的な成長や発達に影響を及ぼす。

一方、父親からの虐待の有無や親の離婚歴といったことからは、
明確な差は見られなかったそうです。

母親の影響というのは、
良くも悪くも大きなものです。

世の中のほとんどの母親は、
子どもを愛し、一生懸命育てているはずです。

しかし世の中には例外というのもあります。

子を虐待する親というのも、存在するのです。

もしあなたが母親に虐待された記憶があるのなら、
うつ病になるリスクが高いといえます。

とくに自分が子どもを出産したときには
ホルモンバランスが崩れたり、
過去の虐待の記憶を思い出したり、
子育てのプレッシャーに耐えられなかったりで、
産後うつになってしまうおそれがあります。

少しでも自分の心が不安定だと感じたら、
早めに心療内科や精神科を受診するとよいでしょう。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける