財布が壊れた!

財布が壊れた!

From:宮里竹識
つくばの自宅より、、

財布、それはお金が出入りする大切な場所。

外へ出るときには必ず持って行くであろう財布、
あなたはどんな財布を使ってますか?

私は茶色の革を使った長財布を使っていました。

コードバンという馬のお尻の革を使った財布で、
艶やかな感じがお気に入りでした。

これが私の財布です。

良い感じでしょ。

ですが事件が起こりました。

お札を入れる部分の横側の革が破けてしまったのです。

とても痛々しいです。

別にこのままでも財布として使うことはできます。

でも、日々お金が出入りする場所ですので、
そこが破損している状態は縁起が悪いですよね。

なので、やむなく財布を買い替えることにしました。

ちょうど新宿に用事があったので、
伊勢丹メンズ館を見たら素敵な財布があったので
早速購入です。

これが私の新しい財布。

今度は仔牛の革を使った長財布です。

コードバンのような艶はありませんが、
仔牛独特の柔らかさがあり、
触ったときの感触がとても心地よいのです。

財布を開くとこんな感じ。

端っこにクロコダイルの革があり、
これが良いアクセントになっています。

オシャレですよね。

というわけで今後は新しい財布を使って
日々の生活を楽しんでいきますよ。

ついでですので、
財布とからめて障害年金社労士の話をしてみましょう。

財布というのは、
ちょっと破れたくらいでは問題なく使うことができますよね。

私の前の財布のように。

ちょっとした問題があっても
意外と使えるものです。

障害年金をサポートする社労士さんにも
同じようなことがいえます。

社労士さんによってサポート内容が異なるのですが、
最終的に障害年金という結果が得られれば
依頼するお客さんにとってはどちらでも良いことかもしれません。

しかし、
私が革が破れた財布は縁起が悪いと感じたように、
社労士さんのサポート内容によっては依頼者の要望に答えられないことも
あるのです。

つい先日、
他の社労士さんと比べた上で
私たち全国障害年金パートナーズを選んでくれた人がいました。

その人になぜうちを選んでくれたのか聞いてみたら、
こんな答えでした。

この前相談した社労士さんは、
医師に適切な診断書を書いてもらうための協力をしてもらえなかったです。
それに、申立書や請求書といった書類も書いてくれないということでした。
宮里先生の障害年金受給代行と比べてあまりにも差があったので、
迷うことなく宮里先生に決めました。

どもども、
素敵なコメントをありがとうございます。

あまり知られてはいませんが、
同じ障害年金のサポートであっても
社労士事務所によって内容や質が異なっているのが現実です。

社労士事務所によるサポート内容や質の違いは
依頼する人にしっかりと見極めてほしいものですが、
うつ病で苦しんでいる人の場合は集中力や判断力が低下していますので、
中々難しいかもしれませんね。

サポート内容に関係なく
結果が出れば良いという人もいるでしょう。

でも、
医師に適切な診断書を書いてもらうための支援や、
審査結果に大きな影響を及ぼす申立書、
その他の書類作成までやってほしいという人であれば、
私たち全国障害年金パートナーズがお勧めです。

ただし、全国障害年金パートナーズは
”うつ病による障害年金専門”の社労士事務所ですので、
身体障害や知的障害ではサポートできません。

また、1ヶ月に10名までしか依頼を受けていませんので、
”ぜひとも全国障害年金パートナーズに頼みたい!”
という人だけ依頼してください。

あなたからの連絡を待っています!

 

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける