無料の荒波がやってくる!

無料の荒波がやってくる!

From:宮里竹識
研究学園のcafe comme caより、、

無料
心揺さぶられる良い言葉ですよね。

もちろん無料の裏にはカラクリがあります。

例えばグーグルの検索やメールといったサービスは無料で使えますが、
無料にしてユーザーを増やすことで広告費を企業からもらう
というビジネスモデルがあります。

私たち全国障害年金パートナーズも
電子書籍を無料で配っていますが、
読者の一部が有料で障害年金の受給代行を依頼してくれるのを見越しているから
電子書籍を無料にしているのです。

そんな無料の世界ですが、
ついに給与計算ソフトも無料のものが登場しました。

フリーウェイ給与計算というソフトですが、
従業員5人までなら永久無料、
6人以上でも月額1980円と格安です。

この給与計算ソフトの無料化、
ほとんどの人には興味がないと思いますが、
社会保険労務士にとっては重大ニュースです。

というのも、
給与計算業務というのは社労士のメイン業務の一つだからです。

今回のフリーウェイ給与計算のようにソフトの無料化が進み、
AIの進歩によって給与計算業務も自社で行えるようになると、
社労士に給与計算を依頼するメリットがなくなってしまいます。

今後は給与計算では仕事が取れなくなってしまい、
廃業する社労士事務所や別の業務を行う社労士さんも増えてくるでしょう。

そんな社労士さんが目指す新たな新天地の一つが
障害年金の世界だと思います。

そんなわけですので、
今後もしばらくの間は障害年金のサポートを行う
社労士事務所は増えていくでしょう。

しかし障害年金をサポートする社労士もすでに数が増えてきましたので、
今後は社労士同士の生存競争が激しくなります。

実際、値下げしている社労士事務所も増えてきましたしね。

もしかしたら、
障害年金の手続きを無料でサポートしますよ
という社労士さんも出てくるかもしれません。

社労士でない人で、
障害年金を完全無料でサポートしますという人が
すでにネットではいますしね。

ちょっと怪しい感じがしましたが・・・。

障害年金を依頼する人にとっては
どの社労士を選ぶかの選択肢が増えて良いことです。

まぁ、実務経験豊富な社労士さんもいれば
経験の乏しい社労士さんもいますので、
当たり外れが大きいとも言えますが・・・。

あと3年で勝ち残る社労士、負けて廃業する社労士、
食べるのに精一杯の社労士に分かれてくるはずです。

もちろん私たち全国障害年金パートナーズは勝ち残りますよ。

障害年金社労士の業界が競争になることを7年前から予見し、
地道に対策を講じてきましたから、
負ける要素が見当たりません。

勝負は始まる前に決まっているのです。

障害年金の手続きも同じことが言えます。

私のようにうつ病に特化して年間100名ほどの障害年金を行なっていると、
依頼を受けた時点である程度結果が見えてきます。

もちろん障害年金に”絶対”というのはありませんので、
予期せぬことが起こるケースはあります。

でも、
「この人の障害年金の成功率を一番高める方法はこれだな」
というのは打ち合わせをして詳細を聞いた時点でわかるのです。

それもあってか、
詳細な打ち合わせを行なった人のほとんど全ての人が
全国障害年金パートナーズに依頼をしてくれています。

もしあなたが障害年金を依頼する社労士に迷っているのなら、
改めて考えてみてください。

どの社労士に頼むかによって結果が変わる可能性があることを。

少しでも費用を抑えたいという人や
身体障害や知的障害での障害年金を考えているのであれば、
私に依頼するのはやめて下さい。

報酬が高くてもいい、
うつ病での障害年金を専門にやっている社労士に依頼したいのなら、
全国障害年金パートナーズが最適です。

あなたのうつ病で障害年金が受け取れるか無料で判定していますので、
まずは無料判定をホームページから受けて下さい。

あなたからの連絡を待っています!

 

あなたが障害年金を受け取れるか、無料で判定します!

うつ病で働くこともできずに苦しんでいるあなたは、
きっと経済的にも大きな不安を抱えていると思います。

そんな経済的不安を解消するのが障害年金です。

でも、障害年金を受け取るためには、
いくつかの要件を見たしていなければなりません。

自分が障害年金の要件を満たしているかを判断するのは
決して簡単なことではありません。

でも安心してください。

いくつかの質問に答えてくれれば、
あなたが障害年金を受けられるかについて
うつ病による障害年金専門の社労士である私がお答えします。

障害年金という経済的安心を手に入れるため、
下のボタンをクリックして障害年金判定を受けて下さい!

<注意>
この障害年金判定は、
●うつ病
●双極性障害
●統合失調症
●発達障害
の人のみが対象となります。


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける