二人の上司

二人の上司

From:宮里竹識
研究学園のサンマルクカフェより、、

私が社会人なりたてのペーペーだったころ、
二人の上司に仕事を教わっていました。

二人とも仕事ができる人で
教え方も同じくらい上手い人だったと記憶しています。

でも、
一人目の上司から学んだことはあまり身に付かなかったのに対し、
二人目の上司から学んだことは今でも私の中に息づいています。

この二人の上司は何が違ったのでしょうか?

二人とも意欲的に私に仕事を教えてくれました。

教える時間も同じですし、
それぞれの上司が教える仕事の難易度も同じくらいです。

でも一つだけ違いがありました。

一人目の上司は仕事を教えた後、
「分からないことはありますか?」
と私に問いかけてくれていました。

私は分かりましたと答えて仕事に取り組んでいたのですが、
実際にやってみると教えられた通りに上手くできません。

一方、二人目の上司は仕事を教えた後、
「できますか?」
と問いかけてきました。

教わったばかりで身についていない仕事でしたので、
私は即座にできますとは回答できませんでした。

上司に教わったことを本当に理解しているか必死に考え、
理解していないところを質問し、
自分の理解が正しいかを上司に確認していました。

結果、
一人目の上司から教わったことはあまり身に付かず、
二人目の上司から教わったことの方が圧倒的な成果につながりました。

ずっと後になって二人目の上司に聞いたことがあるんです。

なぜ仕事を教えた後に”できますか?”と聞くんですか?

すると上司はこんな話をしました。

 

海外でよく揶揄される話に、
日本人は「イエス」しか言わないというのがあるんだ。

日本人に
分かりますか?
と聞くと大抵は「はい」としか返事が返ってこない。

逆に外国人に
分かりますか?
と聞くと、彼らが分かるまで質問責めにあう。

ちゃんと理解していなくとも「はい」と言ってしまう
日本人の国民性が良いか悪いかは別として、
確認の仕方を工夫する必要を感じたんだ。

だから「できますか?」という言い方で確認することで
本当に理解しているのかを相手に考えさせるようにしているんだ。

 

今考えてもめっちゃ良い上司ですよね。

この話、
うつ病で障害年金を受けるあなたにとっても無関係ではありません。

というのも、
年金事務所に障害年金の相談に行くと
職員が詳しく説明してくれますが、
その話を本当に理解することは簡単ではないからです。

普通に生きていれば知る機会のない複雑な障害年金制度、
しかもうつ病で集中力や判断力が落ちている状態で、
本当に年金事務所の職員の話を理解できますか?

「何か分からないことはありますか?」
と年金事務所の職員は説明の後に聞いてくるでしょう。

でもあなたはきっと
「分かりました」
と答えてしまうはずです。

本当は分かっていないのに・・・。

仮に分かった気になったとしても、
実際に自分で手続きしてみると
わけがわからなくなって途中で手が止まってしまうことでしょう。

年金事務所の職員は、
私の二人目の上司のように
「できますか?」
なんて聞いてはくれません。

それでもあなたは自分一人で
あの難しい障害年金の手続きを行いますか?

ちなみに、
私たち全国障害年金パートナーズに依頼した場合、
手続きのほとんどを私が代行します。

書類の作成だけでなく、
年金事務所への書類提出や役所との交渉といったことも行いますので、
あなたがやるのは私の作った書類の内容確認などに限定され、
基本的には待っているだけとなります。

不安を抱えたまま一人で手続きするもよし、
専門の社労士に一定の費用を払って安心を得るのもよし、
選ぶのはあなたです。

私たち全国障害年金パートナーズは
日本で唯一のうつ病による障害年金専門の社労士事務所で、
月に10名までしか依頼を受けられません。

障害年金を通じて経済的安心を手に入れたい方は、
まずは下の「障害年金無料判定を受ける」ボタンをクリックして
障害年金の無料判定を受けてみてください。

私の質問に5分ほど答えてくれれば、
あなたが障害年金を受け取れるか即座に回答します。

それではあなたからの連絡を待っています!

 

あなたが障害年金を受け取れるか、無料で判定します!

うつ病で働くこともできずに苦しんでいるあなたは、
きっと経済的にも大きな不安を抱えていると思います。

そんな経済的不安を解消するのが障害年金です。

でも、障害年金を受け取るためには、
いくつかの要件を見たしていなければなりません。

自分が障害年金の要件を満たしているかを判断するのは
決して簡単なことではありません。

でも安心してください。

いくつかの質問に答えてくれれば、
あなたが障害年金を受けられるかについて
うつ病による障害年金専門の社労士である私がお答えします。

障害年金という経済的安心を手に入れるため、
下のボタンをクリックして障害年金判定を受けて下さい!

<注意>
この障害年金判定は、
●うつ病
●双極性障害
●統合失調症
●発達障害
の人のみが対象となります。


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける