マーケティングのサミットに参加しています

マーケティングのサミットに参加しています

From:宮里竹識
御茶ノ水のプロントより、、

本日私は、
ダイレクト出版が主催するサミットに参加しています。

マーケティングに関する日本最大級のイベントで、
3日間に渡って開催されているのですが
一般募集をする前に特別招待客だけで会場が埋まってしまったという
恐ろしいイベントです。

海外からも超一流のマーケッターが登壇したり、
日本最高峰の実力を持つ人たちが講師となっているので
一般募集を待たずして席が埋まってしまったというのもうなずけます。

相当な数のキャンセル待ちが出たようなのですが、
キャンセルする人も少なく、
多くの人が参加したくてもできないという状態となってしまいました。

会場は大型スクリーンが二つもあり、
数百人分の席があったのですが
それでも全く足りなかったというわけです。

私はVIPとして参加しているので、
サミット参加の競争に巻き込まれずにすみました。

早めに会場について席に座っていると、
大型スクリーンで成功者の写真や簡単なプロフィールが
次々と紹介されています。

すごい成果が出ているな〜
なんて思いながら成功者の写真を見ていたところ、
こんな写真が映されました。

 

!!!

「社会保険労務士 宮里さま」

私のことではありませんか!

背景は
つくばにある私の自宅で間違いありません。

台所まで写真に写っているところが
地味に恥ずかしいですね。

びっくりして、
思わず飲み物をこぼしそうになってしまいました。

スクリーンに映された名前の下には
私のこれまでの成果が表示されていましたが、
このブログは競合の社労士さんも見ていますので
ちょっと加工して見えなくしました。

その他にも主催者側からカメラを向けられてインタビューをされたり、
知らない人から声をかけられて名刺交換したりと
ちょっとバタバタしてしまいました。

私はただの参加者であって、
サミットの講師でもなんでもないんですが・・・。

私は普段からぶっちゃけたメッセージを発信しているので、
とくに競争相手の社労士さんからの評判はよくありません。

悪目立ちしているというか、
出る杭は何とやらというか。。。

でもこのサミットでは
経営者や起業家が集まって話をするので
本当に良い情報交換ができました。

もちろん、サミットでの各講師の話も最高でしたよ。

あまりにも素晴らしい内容で、
外に出すのは危険なメソッドですので
サミットの具体的な内容については控えさせていただきます。

また、今後も障害年金社労士の世界で
圧倒的ナンバーワンを維持するために何をしていくべきか
改めて確認することができました。

こんな話をすると、
「障害年金と関係ないイベントに行くより、他の社労士と勉強会や情報共有などをした方が良いのでは?」
なんてことを思う人もいるかもしれません。

それに対する答えは明確で、
私は障害年金の勉強会には参加しませんし、
他の障害年金社労士さんとの情報共有なんてのも行いません。

なぜなら、
うつ病による障害年金の手続きは常に実践し続けていますので、
勉強や情報共有が必要な段階ではないからです。

勉強会や情報共有は
それを必要としている人が行えばよいのです。

私にとっては、
より多くのうつ病で苦しんでいる人に障害年金という制度があることを
知ってもらうように活動することの方が大切なのです。

そのための手段の一つがマーケティングなのです。

正直言って、
障害年金の実務ができるのは当たり前、
障害年金の受給という結果を出すことも当たり前だと
思っています。

傲慢な発言だと我ながら思いますが、
そう言えるだけの経験と実績があります。

だからこそ次のステップとして、
障害年金を受けられることを知らずに経済的不安を抱えたうつ病者を
一人でも多く助けるきっかけを作りたいのです。

”障害年金を通してうつ病で苦しんでいる人の経済的不安を解消する”

この目的が達成されるのであれば、
私は傲慢でも悪者でも良いのです。

ただの障害年金専門家ではなく、
圧倒的な専門家でいられるよう今後もおかしなことをやっていきます。

 

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける