AIの導入を決めました!

AIの導入を決めました!

From:宮里竹識
研究学園のサンマルクカフェより、、

AIや人工知能と聞くと夢が広がりますね。

アトムやドラえもんなんかが早く生まれてほしいと思いますが、
私が生きている間は難しいかもしれませんね。

とはいえAIは確実に進歩していて、
少しずつ私たちの生活にも入り込んできています。

このAIの進歩という大きな流れは、
誰にも覆すことができません。

世界中の小売店がアマゾンに脅威を感じているように、
これまで人間が行なっていた仕事の多くが
AIに取って代わられる可能性があるのです。

そこで私は考えました。

”AIに恐怖を感じるより、AIを活用してうつ病で苦しんでいる人に価値を提供しよう!”

というわけで、早速AIの活用を模索しました。

障害年金の書類がAIで作成できるとか、
年金事務所への書類提出をAIがやってくれると嬉しいのですが、
残念ながらまだそのようなことはできません。

他にAIを活用する方法がないか調査していたところ、
広告業界でAIという黒船がやってきつつあることが分かったのです。

WEBでの広告については、
今までは広告代理店にお金を払って広告を出してもらっていました。

その費用も高く、
広告費の20%が代理店への手数料となります。

例えば10万円分の広告を出したら、
2万円を広告代理店に支払うというわけです。

私たち全国障害年金パートナーズは、
ホームページを見た人から依頼を受ける確率がとても高いので
代理店への手数料が増えたところで問題ない状態となっています。

障害年金を専門にする社労士さんが増えたことで
広告費も4年前の倍の価格になっていますが
それも問題ありません。

このまま広告費が高騰し、
今の2倍・3倍になっても平気です。

でも、AIが入ってくることで状況が変わってきます。

今までは人間が細かい設定を行うことで
広告費の最適化を図っていたのですが、
AIなら人間よりも上手く広告の分析や調整をしてくれる可能性が高いのです。

まだ人間の方が上手くできることも多いですが、
これから5年後にはAIが人間を超えていると私は思っています。

お金を払って広告代理店に依頼するより、AIにやってもらった方が効果が高いかも。

なので、今のうちにAIを取り入れようと思ったわけです。

早速行動に移しましたよ。

まずは現在契約している広告代理店に、
来月で契約を終了することを伝えました。

続いて、
信頼できるWEB広告の専門家に
AIを活用して広告を出すための初期設定をお願いしました。

効果が出るまでは少し時間がかかると思いますが、
AIを活用することで私の時間を捻出し、
より多くのうつ病で苦しんでいる人に障害年金という経済的安心を
届けていければと思います。

将来的には、
●役所への書類提出
●一見さんからの電話対応
●書類作成
なんかもAIを活用できると良いですね。

50年後には私自身がAIになってたりして、、、

”AI社労士宮里”

電脳世界に生きる都市伝説のような存在になるかも。。。

 

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける