障害基礎年金の打ち切り問題、日本年金機構が撤回へ方針転換!

障害基礎年金の打ち切り問題、日本年金機構が撤回へ方針転換!

From:宮里竹識
研究学園のスタバより、、

障害基礎年金の審査が全国で統一された影響か、
千人超の障害基礎年金受給者の元に
年金の打ち切りを示唆する通知が届いていました。

そのニュースは日本全国を駆け巡り、
大きな反響と反発を呼んでいました。

そこから厚生労働大臣が改めて検証する意向を示し、
日本年金機構と厚労省が対応を協議していましたが
年金打ち切りの方針を撤回する方向で話がまとまったようです。

これまで年金を受け取っていた人にとっては朗報でしょう。

障害の状況が何も変わっていないのに
障害年金の対象にないといきなり言われて
年金の停止を示唆されたのではたまったものではありませんからね。

そういう意味では、
今回の障害年金打ち切りの方針が撤回されたのは
良いことだと言えます。

しかし、
今後障害年金の審査を受ける人にとっては
微妙な結果となるかもしれません。

というのも、
全国一律で審査が行われるという点は変わりませんので、
今後はどこの都道府県でも同一の審査基準で審査されます。

何が言いたいかというと、
これまでは簡単に審査が通っていた都道府県の人は
今後も以前と同じように簡単に障害年金を更新できる一方、
これから障害年金を請求する人は新たな統一基準で審査されることになるため、
不公平ということもできるからです。

中々難しい問題ですが、
仕方ないというのが私の考えです。

あれもこれも良いようになんて、
そう簡単にできるもんじゃありません。

あちらを立てればこちらが立たず
というのが現実です。

過去の年金受給者を救うのであれば、
これから年金を請求する人にとって不公平感があったとしても
どうしようもないのです。

良いところもあれば悪いところもある。

世の中そんなもんです。

人生も一緒ですね。

とはいえ障害年金の手続きが難しいという事実は変わりませんので、
自分で障害年金の手続きをするのが難しいと感じる人は
無理をせずに障害年金専門の社労士に相談してください。

ちなみに、
うつ病での障害年金なら
私たち全国障害年金パートナーズがお勧めです。

私たちは日本で唯一の
”うつ病による障害年金専門”の社労士事務所ですから。

うつ病で働けなくなって経済的な不安を感じている人に
障害年金という安心をお届けしますので、
まずは電話かメールで相談ください。

あなたが障害年金を受けられるかを無料で判定していますので、
無料判定を受けてみるのもオススメですよ。

 

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける