宮里先生は障害年金の分野において他の社労士ではマネができないものをおもちです(神奈川県のH.Tさんの事例)

宮里先生は障害年金の分野において他の社労士ではマネができないものをおもちです(神奈川県のH.Tさんの事例)

1.基本情報


氏名:H.Tさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡って2級
年金額:約128万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約260万円)

 

2.事例


職場でパワハラを受けていてことで、
不眠・不安・下痢・意欲減退・趣味や関心の喪失
といった症状が現れるようになったH.Tさん。

病院ではうつ病と診断されました。

仕事も続けることができず、
休職状態が継続していました。

H.Tさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理はできず、家族が用意しても食べられないことも多い
●入浴は週に3回程度、家族に促されてようやく入る
●朝起きての洗面や歯磨きもできていない
●通帳の金額も把握しておらず、金銭管理能力には支障がある
●通院には家族の付き添いが必要
●病院で処方された薬意外にもドラッグストアで購入して飲んでしまう
●集団行動は困難で、家族以外の人とは話をしない生活になっている
●災害等で避難指示が出ても、避難するのは難しい
●基本的には外出できない

当初は傷病手当金を受けていたH.Tさんですが、
傷病手当金の受取期限がきてもうつ病は改善しなかったことから、
私たちに障害年金の受給代行を依頼してくれました。

障害年金はとても大変な手続きですが、
無事に2級が認められて本当に良かったです。

 

3.H.Tさんの姉の声


障害年金の申請はできても、
差し戻し・却下等が起こるのではないかと悩んでいました。

WEB検索で申請方法を探していたところ、
偶然ですが宮里先生のホームページを見つけました。

宮里先生のホームページを読んでいくうちに、
初診日から1年半以上経過していなければ
申請対象にならないことを知り、
傷病手当金の受給が切れるまで待つことに致しました。

その後、ホームページやメルマガは見ていたものの、
実際にはご連絡するまで1年近く経過してしまいました。

宮里先生の考え方が、
当事者の姉である私自身と非常に似ているとの直感から
信頼するに至り、依頼を決めました。

実際にお会いしてみて、
やはり直感を信じて良かったと今でも思っております。

やはり専門分野を熟知している方は強いと、
つくづく思い知らされた感じです。

当事者の姉である私自身仕事上、様々な手続きを行って参りましたが、
それも各々の専門分野の資格保持者の先生にお願いして行っており、
実際に費やす時間と労力を考えたら、
依頼料をお支払いしても決して無駄ではないことに気がついておりました。

宮里先生も、
この障害年金の分野においての知識及び経験値は
他の社労士ではマネができないものをお持ちです。

いただくアドバイスも的確で、
全てにおいて安心感がありました。

依頼して大正解でした!

 

障害年金丸分かり講座

この動画を見るまで障害年金の手続きをしないでください。

うつ病のあなたが障害年金を受け取るために必要な、
5つのステップを動画で説明します。

 

 

障害年金無料判定を受ける

 

障害年金無料判定を受ける