うつ病で退職・離婚し経済的な問題で悩んでいました(兵庫県のT.Hさんの事例)

うつ病で退職・離婚し経済的な問題で悩んでいました(兵庫県のT.Hさんの事例)

1.基本情報


氏名:T.Hさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:兵庫県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給蛇行
結果:3級
年金額:約58万円

 

2,事例


仕事の忙しさや離婚問題のストレスから
食欲不振・不安・イライラといった症状が現れるようになったT.H.Tさん。

病院ではうつ病と診断され、
数年に渡って治療を続けていますが治りません。

発作的に実家に帰ってしまったり、
恐怖心から薬を飲めなくなってしまったり、
無意識に車道に飛び出してケガをしてしまったり、
自転車を道に投げ出して壊してしまう
といったこともありました。

当然働くこともできなくなり、
休職していた会社を退職して療養に専念しています。

T.Hさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日中食べている日もあれば、全く食べない日もある
●入浴は週に2回程度
●部屋の掃除や片付けはできないが、強迫観念から一日中掃除することもある
●買物はここ2年ほどほとんど行けていない
●メールに返信することもできず、電話が鳴っても対応できない
●集中力低下から、車の運転もできない

T.Hさんの障害年金の手続きでは、
初診日が大きなポイントとなっていました。

というのも、
初診日の候補が二つあり
どこが初診日になるかで結果が大きく変わる可能性があったのです。

もし自分で手続きしていたとしたら、
初診日が原因で不支給となっていた可能性がありました。

しかし全国障害年金パートナーズがサポートすることで
適切な手続きを行うことができ、
3級の障害年金が認められました。

 

3.T.Hさんの声


うつ病で退職・離婚をし、
経済的な問題に悩んでいました。

様々な制度も知らなく、
自身で行動するのが難しかったです。

ホームページを見て
全国障害年金パートナーズの障害年金受給代行を知った。

休職中で傷病手当金受給中に問合せしたのが最初です。

お電話で親身に相談にのっていただき、
傷病手当金が終わるタイミングで依頼させていただきました。

先生が専門知識をもっていること、
お電話で一つ一つやるべきことを順番に丁寧に教えていただけたことが
決め手で依頼を決めました。

実際に依頼した結果、
障害厚生年金3級が認められました。

 

【これから障害年金を申請する人へのメッセージ】
私は3級を受給しながら社会復帰に向けて
生きる力というか術を得ることができました。

悩んでいる方は一度ご相談をお勧めします。

やるのとやらないのとでは、とても大きな違いです

 

障害年金丸分かり講座

この動画を見るまで障害年金の手続きをしないでください。

うつ病のあなたが障害年金を受け取るために必要な、
5つのステップを動画で説明します。

 

 

障害年金無料判定を受ける

 

障害年金無料判定を受ける