障害年金の手続きは、年金の本を見ても自分でやるのは難しいと感じました(東京都のT.Iさんの事例)

障害年金の手続きは、年金の本を見ても自分でやるのは難しいと感じました(東京都のT.Iさんの事例)

1.基本情報


氏名:T.Iさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約165万円(次回更新時までに受け取れる総額は約320万円)

 

2.事例


突然営業職へ異動となったT.Iさん。

実務経験もない営業という厳しい業務を行う中、
憂うつ・意欲低下・食欲不振・不眠・頭痛・不安
といった症状が現れるようになりました。

病院ではうつ病と診断され、
希死念慮や自傷行為、イライラ・倦怠感といった症状も
現れてきます。

初診から1年6ヶ月経過しても病気は治りません。

仕事も休職となり、
傷病手当金ももうすぐ終了してしまうという状況でした。

T.Iさんの日常生活状況は次のとおりです。
●調理や食器を洗うこともできず、家族が用意しても食べれないことが多い
●入浴は週に2回程度で、家族が促されなければ入れない
●部屋の掃除や片付けはまったく行えない
●朝起きての洗面やひげ剃りも行えない
●買物に行くこともできず、最後に買物したのは1年以上前である
●服薬管理は自分では行えず、家族が頻繁に薬を飲んだか確認している
●会話は単語程度しか言えず、質問と違うことを回答してしまう
●家族以外の人とは話ができない状態となっている
●集中力や判断力の低下から、車の運転はできない
●公共施設を一人で利用することは困難
●基本的には一日中臥床して過ごしている

私たちがサポートした結果、
無事に2級が認められました。

 

3.T.Iさんの母、T.Yさんの声


うつ病でも障害年金を受給できる可能性があると知りましたが、
何から手をつけて良いのかわからず、
年金の本だけでは自分でやるのは難しいと感じました。

どの社会保険労務士の先生に相談すれば良いかということが分からず、
悩んでいました。

インターネットで検索していたときに、
宮里先生のブログを見つけました。

初診日から18ヶ月という意味が分からなくて、
いつ相談すれば良いのか困っていました。

宮里先生のブログを拝見しまして、
「障害年金は一人一人状況が異なるため、
必要な書類や書くべき内容も個人事に異なります。
さらに、障害年金受給というゴールまでの道筋も一つではないのです」
という文面から、私達の現状を分かってくださる心ある方と思い、
ご連絡させていただきました。

精神科の病院へ同行して下さったときも、
主治医の先生を気遣い丁寧な対応をしてくださったので、
主治医の先生も相応しい診断書を書いてくださったのだと思いました。

申請から約4ヶ月かかりましたが、
2級の決定通知をいただくことができました。

ありがとうございます。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける