どんどん減っていく貯金を見ながら不安でいっぱいでした(神奈川県のI.Kさんの事例)

どんどん減っていく貯金を見ながら不安でいっぱいでした(神奈川県のI.Kさんの事例)

1.基本情報


氏名:I.Kさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約185万円(次回更新時までに受け取れる総額は約1300万円)

 

2.事例


仕事がとても忙しく、
月の残業は100時間を超え、
土日も普通に出勤していたI.Kさん。

そのような中、
不眠・吐き気・意欲減退・思考力低下・希死念慮・自傷行為・音に過敏
といった症状が現れるようになりました。

病院ではうつ病と診断され、
8年ほど治療を継続していますが症状は良くなりません。

仕事も何度か休職し、
3年ほど前に退職して以降は就労できない状態が続いています。

I.Kさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は自分で作れず、食欲がないため妻が用意しても食べれないことが多い
●入浴は週に2回程度、家族に促されてようやく入る
●部屋の掃除はまったくできない
●一人では買物に行くことも難しい
●薬の飲み忘れも多く、ときには飲み過ぎてしまうこともある
●人との接触を極力さけており、話をしてもすぐに内容を忘れてしまう
●家族以外の人との交流はなく、自閉した生活となっている
●人が嫌で、電車やバスにも乗れない
●災害で警報が出たときも、避難等の対応をとることができなかった
●社会的手続きはまったく行えない

I.Kさんの障害年金の手続きはやや特殊でした。

というのも、
うつ病以外にも他の傷病があったからです。

複数の傷病をまとめて請求することもできましたが、
今回はあえてうつ病のみで障害年金の請求を行いました。

その方が審査に通る確率、
より高い障害等級が認定される可能性が高いと判断したからです。

その読み通り、
遡って2級が認定されました。

 

3.I.Kさんの声


今の自分で障害年金が受け取れるのか、
どんどん減っていく貯金を見ながら不安でいっぱいでした。

インターネットの広告をみて
全国障害年金パートナーズを知りました。

2〜3日考えてから、
ダメ元でいいからと依頼しました。

うつ病専門ということが決め手で
全国障害年金パートナーズに依頼をしました。

宮里先生がほとんどのことをやってくださり、
自分はとても楽でした。

今回過去5年もさかのぼって受給が決まり、
自分でも驚いています。

もちろん2級決定です。

本当にお世話になりました。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける