うつ病で働けないことに罪悪感を抱いていました(千葉県の山本さんの事例)

うつ病で働けないことに罪悪感を抱いていました(千葉県の山本さんの事例)

1.基本情報


氏名:山本さん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:千葉県
病名:うつ病・双極性障害
請求方法:認定日請求
結果:2級
年金額:約123万円(次回更新時までに受け取れる総額は約164万円)

 

2.事例


子育てや引っ越しといったことにストレスを感じていた山本さん。

ある時期から倦怠感・めまい・意欲減退・不眠・イライラ
といった症状が現れるようになりました。

病院で治療を開始してから10年以上経っても
症状は良くなりません。

それどころか、
希死念慮・不眠・幻聴・自傷行為といった症状も現れるようになります。

病名も不安障害、うつ病、双極性障害など、
時期によって診断が変わっていきました。

もちろん、仕事など行える状態にありません。

山本さんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事の用意や片付けをするのは難しく、夫が食事を用意することが多い
●部屋の掃除や片付けは行えない
●外出時に身なりを整えられないことが多い
●買物に一人で行くことも難しい
●電話で話をすることも難しく、家族以外の人とは話をしない生活となっている
●電車やバスに乗るのも難しい
●子どもの学校行事に参加することもできない
●銀行でお金を出し入れすることもできていない
●本や新聞の内容も頭に入ってこない

初診日の証明でハードルがありましたが、
何とかうまく乗り越え、
無事に障害基礎年金2級を手に入れることができました。

 

3.山本さんの夫の声


夫の私が病気がちで収入が不安定なのですが、
うつ病の妻が働けないことにひどい罪悪感を抱いていました。

パソコンでの広告で、
はじめて障害年金を代行してくれる方々がいることを
知りました。

最初は障害年金を受給できるとは思わなかったので、
依頼をためらっていました。

とりあえずいくつかの社労士事務所に問合せをしてみました。

一番ハッキリと受給の可能性を提示してくれ、
可能性が少しでもあるのならと
全国障害年金パートナーズにお願いしたいと思いました。

私自身では障害年金の手続きは全くできないことや、
うつ病の妻の病状を理解して書類の書き方や
病院への診断書依頼を示してくれたことは、
本当にお願いしてよかったと思います。

宮里さまのおかげで本当の病状を訴えることが出来て
年金受給に至りました。

本当に感謝しております。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける