全国障害年金パートナーズでなければ絶対に障害年金2級が認定されなかったと思います!(兵庫県のM.Yさん)

1.基本情報


氏名:M.Yさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:兵庫県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約130万円(次回更新時までに受け取れる金額は約200万円)

 

2.事例


クレーム対応や納期に間に合わせなければならないという仕事の中、
ストレスを溜め込んでいたM.Yさん。

残業は月に200時間を超え、
土日も当たり前のように出勤していました。

また、上司からは
「40度の熱が出ても会社に来い」
「親が死んでも会社に来い」
ということを言われ、M.Yさんの心の負担は大きくなるばかりでした。

そのような中、
不眠・拒食・めまい・意欲減退といった症状が出てきました。

病院に行くとうつ病と診断されます。

それから10年治療を続けていますが
うつ病は改善しません。

仕事を続けることも難しく、
これまで何度も休職を繰り返してきましたが
結局退職するしかありませんでした。

M.Yさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理はできず、食事は菓子パンやカップラーメンばかりと栄養バランスは悪い
●入浴は週に1回程度、着替えも同様
●部屋の片付けはできない
●買物も一人では行けない
●通院も一人では難しく、家族に病院まで送り迎えしてもらっている
●薬の管理も家族が行っている
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●フラフラ歩いては溝にはまったり電柱にぶつかったりしてしまう
●銀行に行ってお金の出し入れをすることもできない
●一日中臥床して過ごしていることが多い

M.Yさんから障害年金の依頼を受けてサポートを進めたのですが、
問題が起こりました。

それは、M.Yさんが通っている病院が非協力的だったということです。

障害年金についても否定的で、
一度は診断書の作成を断られてしまいました。

色々と手を尽くし、
他の病院への転院を検討する段階までいって
ようやく診断書を書いてもらえました。

信頼していた医師に診断書の作成を断られるというのは
思っている以上につらいものです。

それでもあきらめなかったからこそ、
障害年金2級という結果につながりました。

 

3.M.Yさんの声


体調が悪く、手続きがややこしそうで、
1人では無理だと思いましたので
どの社会保険労務士さんにお願いしたらよいのかと悩んでいました。

全国障害年金パートナーズのことは
インターネットをみて知りました。

電話やメールをするのもおっくうで、
ホームページを見ても半信半疑だったことから
すぐには依頼しませんでした。

色々と検討した結果、
うつ病に特化した社会保険労務士だったことから
全国障害年金パートナーズに依頼しました。

迅速で的確なご対応でしたので、
地元の社労士でなく遠くても
全国障害年金パートナーズの宮里様にお願いして
本当に良かったと思っています。

全国障害年金パートナーズの宮里様でなければ、
絶対に障害年金2級が認定されなかったと思います。

本当にありがとうございました。



障害年金の受給代行を通じて、うつ病者の経済的不安を解消します!
ー宮里竹識(みやざとたけし)

PS
うつ病による障害年金の受給判定を無料で行っています。
問合せフォームにチェックを入れていくだけなので、5分で申し込みできます。
受給判定を希望の方はこちらをクリックください

収入がなくて家族に負い目や罪悪感を感じている方、社会復帰をサポートします!
社会復帰を希望の方はこちらをクリックください



↓ うつ病で障害年金を受け取るための、魔法の靴の話【動画】