主治医に「うつ病で障害年金を受けるのは難しい」と言われていました(佐賀県のU.Kさんの事例)

1.基本情報


氏名:U.Kさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:佐賀県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は約190万円)

 

2.事例


高校に行けなくなったことや
親とのトラブルから頭痛・倦怠感・不眠・不安・意欲減退
といった症状が現れるようになったU.Kさん。

病院ではうつ病と診断されるも
20年以上治療を続けていますが
うつ病は良くなりません。

仕事はアルバイトを転々としていたものの、
ここ2年ほどは仕事もできない状態が続いていました。

U.Kさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日一食程度、調理や後片付けもできない
●入浴は二日に一回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けはできない
●朝起きての洗面・歯磨き・ひげ剃りといったこともできない
●買物にも一人で行けず、日用品はすべて両親が買っている
●通院も一人では行けず、父に送り迎えしてもらっている
●薬の飲み忘れも多い
●家族以外の人とは話ができない生活となっている
●外出自体が困難で、銀行でのお金の出し入れも難しい
●基本的には臥床して過ごしている

手続き中にも診断書の修正が発生するなど、
様々な困難がありましたが、
何とか2級が認められました。

 

3.U.Kさんの声


うつ病で働けなくなり、
収入がなく親に頼り切りになってしまい、
経済面での負い目があることで自分を責め、
親にも辛くあたってしまい、
心が苦しかったです。

自分のような状態の人間が何か収入を得る方法がないか
ネットで探しているうちに
全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐに障害年金受給代行を依頼しました。

主治医に
「うつ病で障害年金を受けるのは難しい」
と言われていましたが、
全国障害年金パートナーズでは私と同じような人たちが
年金を受給することが出来ていましたのでお願いしました。

細やかで行き届いた対応で
不安を解消して下さいました。

難しい上、大変な努力の必要な障害年金の申請を
ほとんど全てやっていただき、病気の自分はほぼ何もしないですみました。

そして障害年金受給という最高の結果、
本当に感謝しかありません。

私と同じような状況、
またはもっと深刻な状況で障害年金を受けられずに
苦しんでいる人たちがたくさんいると思います。

そんな人たちにぜひ全国障害年金パートナーズのことを知っていただき、
一度宮里先生に相談してほしいです。

ただでさえ苦しく、周囲に理解されづらいうつ病の方々。

そんな人たちに、
本当はあなたは障害年金を受け取る権利があるのだと知ってほしい。

そして少しでも自分を責め続ける苦しみから解放されてほしいです。



障害年金の受給代行を通じて、うつ病者の経済的不安を解消します!
ー宮里竹識(みやざとたけし)

PS
うつ病による障害年金の受給判定を無料で行っています。
問合せフォームにチェックを入れていくだけなので、5分で申し込みできます。
受給判定を希望の方はこちらをクリックください

収入がなくて家族に負い目や罪悪感を感じている方、社会復帰をサポートします!
社会復帰を希望の方はこちらをクリックください



↓ うつ病で障害年金を受け取るための、魔法の靴の話【動画】