他の社労士から全国障害年金パートナーズへ乗り替えました(茨城県Y.Tさんの事例)

他の社労士から全国障害年金パートナーズへ乗り替えました(茨城県Y.Tさんの事例)

1.基本情報


氏名:Y.Tさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:茨城県
病名:双極性障害(躁うつ病)
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約110万円

 

2.事例


仕事で複数のプロジェクトを任され、
過労状態が続いていたY.Tさん。

気がつけば倦怠感・判断力の低下・憂うつ気分・不眠
といった症状が現れるようになりました。

病院では双極性障害と診断されて、
約10年治療を続けましたが病気は治りません。

仕事も躁状態のときは過度に働きますが
うつ状態に陥ると働くどころではなくなります。

ここ1年ほどは働けない状態が続いていました。

Y.Tさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日2〜4食。簡単な調理はするが鍋を焦がしてしまったり火をつけっぱなしにしてしまうことがある。
●入浴は二日に一回、洗濯は三日に一回程度
●歯磨きやひげ剃りは、外出がある日以外は行えない
●買物に行っても不要なものを買ったり、買い忘れることが多い
●躁状態になると浪費衝動が大きくなり、1ヶ月で100万円使うこともあった
●薬の飲み忘れが頻繁にある
●相手が何を言っているのか分からなくなり、自分の気持ちを言葉にできないことが多い

Y.Tさんは最初は別の社労士さんに依頼していたのですが、
途中から全国障害年金パートナーズに依頼してくれました。

私達がサポートするにあたり、
スピードと結果を意識して動いていましたが、
無事に2級が認められて良かったです。

 

3.Y.Tさんの声


双極性障害(躁うつ病)を発症し、
発作のくり返しのサイクルが短くなり、
就労が困難になっていました。

障害年金は申請内容が非常に難しく、
時間がかかっていたところで代行をWEBで検索して
全国障害年金パートナーズを見つけました。

最初は他の社労士に依頼をしていましたが、
専門ではなく処理が非常に遅くなったため、
全国障害年金パートナーズに担当変更しました。

うつ病系専門というところと成功率の高さ、
初回の打ち合わせの対応で依頼を決めました。

スピーディーで丁寧な対応、
そして非常に良い結果に大変満足です。

今後、評判の良さと患者増で依頼が増えると思います。

体調に気をつけつつ、多くの方を助けて下さい。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける