うつ病での障害年金、失敗したときのダメージを極度におそれていました(長野県のH.Kさんの事例)

うつ病での障害年金、失敗したときのダメージを極度におそれていました(長野県のH.Kさんの事例)

1.基本情報


氏名:H.Kさん
性別:男性
年齢30代
都道府県:長野県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:3級
年金額:約58万円

 

2.事例


営業の仕事をしており、
大きなプレッシャーを感じていたH.Kさん。

残業も月に100時間を超えており、
明らかな過労状態にありました。

そのような中、
倦怠感・睡眠障害・手足のしびれといった症状が現れます。

病院に行くと不安障害と診断され、
治療を続けていても治らなかったため転院しました。

転院先の病院ではうつ病と診断されます。

症状も良くならず、
気分の落ち込みや動悸・意欲減退といったものまで出てきます。

仕事も2年前に退職し、これ以降は働けない状態が続いていました。

H.Kさんの日常生活は次のとおりです。

●自分で食事を作ることができず、妻が用意しても残してしまうことがある
●入浴は何とか入れるが、妻に促されることが多い
●部屋の掃除は中々できない
●買物は基本的にはできないが、体調によってはコンビニ程度は行く
●対人恐怖があり、家族以外の人とは交流がない状態となっている
●車の運転も、集中力の低下から危険を感じる
●町内会や子どもの学校行事に参加することもできないことが多い

私たち全国障害年金パートナーズでサポートした結果、
無事に3級が認定されました。

 

3.H.Kさんの声


年金受給できる資格が自分にあるのか、自信が持てなかった。

うつ病なので、
失敗したときのダメージを極度のおそれてしまっていた。

全国障害年金パートナーズのことは、
WEB上で知りました。

YouTubeのプレゼンテーションを見て依頼を決断したのですが、
それに至るまでに、地元の社労士に依頼した方がよいのか、
自分でやった方がよいのかで数ヶ月悩んでしまいました。

宮里さんのサービスに年金の認定に対する強い自信を感じたため
依頼を決めました(過去の実績、不認定の場合は10万円返金など)。

障害年金受給代行を依頼してみて、
丁寧かつ迅速な対応をしていただけたと思います。

次の年金更新の際もまたお世話になります。
宜しくお願い申し上げます。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける