自分で申請をしていたらすぐ諦めていたと思います(神奈川県N.Yさんの事例)

自分で申請をしていたらすぐ諦めていたと思います(神奈川県N.Yさんの事例)

1.基本情報


氏名:N.Yさん
性別:女性
年齢:50台
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
結果:遡って2級
年金額:約175万円(次回更新時までに受け取れる総額は約320万円)

 

2.事例


職場でパワハラを受けているうちに
対人恐怖・希死念慮・吐き気・意欲減退・不安・不眠
といった症状が現れたN.Yさん。

病院に行ったらうつ病と診断されました。

とても仕事ができる状態になかったため、
仕事を辞めて家族に支えられながら療養に専念していましたが
中々良くならず、障害年金の申請を行うことにしました。

N.Yさんの日常生活状況は次のとおりです。

●一人だとしたら食事は一日一食程度で、水やお茶ばかりの生活となる
●入浴や着替えは二日に一回
●部屋の掃除や片付けはできない
●一人で買物することは困難。夫と一緒に買い物に行くことはあるが、店内を徘徊してしまう
●通院には夫の支援が必要で、服薬の有無も夫が確認している
●コミュニケーションに支障があり、家族以外の人とは話ができない
●対人恐怖から、電車に乗ると動悸や過呼吸といった症状が出る
●傷病手当金などの手続きも自分で行うことはできない

私たち全国障害年金パートナーズでサポートした結果、
無事に遡って2級が認定されました。

 

3.N.Yさんの夫の声


間もなく傷病手当金が終了するのに
妻の病状が改善されず自分一人の収入で生活していけるのか
とても心配でした。

傷病手当金の最終通知に
今後は障害年金に該当するかもしれないということが書いてあり、
そこで初めて障害年金を知りました。

そしてネットで調べているうちに出会ったのが
全国障害年金パートナーズのホームページでした。

最初はできるだけ多くの情報を検索しましたが、
共感をもてるサイトでしたので
勇気を出してすぐメールしました。

ほとんどの申請を代行してくれることが決め手で
受給代行を依頼しました。

自分で申請していたら、
すぐに諦めていたと思います。

宮里さんを信じて良かったと、感謝の気持ちで一杯です。

正直、宮里さんにお会いするまでは不安でいっぱいでした。

しかし私たち夫婦に手を差し伸べてくれ、
不安は希望に変わりました。

実際、ほとんどアドバイス通りに行動して宮里さんにお任せでしたので、
精神的不安は最小限でした。

ありがとうございました。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける