今の状態では障害年金の手続きを自分でやるのは無理だと思い、絶望していました(群馬県のN.Hさんの事例)

1.基本情報


氏名:N.Hさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:群馬県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は約160万円)

 

2.事例


就職活動がうまくいかなかったことをきっかけにして
不眠・下痢・外出したくない・人と話したくない
といった症状が現れたN.Hさん。

心配した家族のすすめで病院を受診すると
うつ病と診断されました。

それから4年ほど治療を続けていますが
うつ病は治りません。

途中で就職することもありましたが、
パニックになって会社で倒れたり、
希死念慮から自殺を図るといったこともありました。

そのような中、
主治医から障害年金を勧められました。

N.Hさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理や後片付けは行えず、家族が食事を用意しても食べられないことがある
●入浴は2週間に1回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けは全くできない
●買物に行っても何を買えば良いのか分からなくなる
●コミュニケーションに支障があり、家族以外の人との交流はない
●希死念慮が強く、何度か自殺を図っている
●基本的に外出できず、公共施設を利用することはほとんどない

私たち全国障害年金パートナーズが手続きを代行した結果、
2級の障害年金が認められました。

 

3.N.Hさんの声


主治医より障害年金の申請を進められましたが、
手続きが大変複雑で困難な為、
今の自分ではとても無理だと思い、
何もかもが絶望的に考えてしまいました。

たまたまインターネットで申請の仕方などを調べていた時に
受給代行という方法があると知り、
いくつかの社労士事務所のホームページを見ていく中で、
うつ病の障害年金に特化した全国障害年金パートナーズを知り、
わらにもすがる思いですぐに電話をしました。

うつ病の障害年金受給はとてもハードルが高く、
一発で認定されないと次は難しいということで
成功率の高さを信じて宮里先生に依頼することに決めました。

実際に依頼したところ、
本当に丁寧で迅速な対応をしていただけて、
審査の期間中も全く不安はありませんでした。

そして、思っていた以上に早く認定されて、
大変満足です。

本当にありがとうございました。

今後も多くの患者様を救ってあげて下さい。



障害年金の受給代行を通じて、うつ病者の経済的不安を解消します!
ー宮里竹識(みやざとたけし)

PS
うつ病による障害年金の受給判定を無料で行っています。
問合せフォームにチェックを入れていくだけなので、5分で申し込みできます。
受給判定を希望の方はこちらをクリックください

収入がなくて家族に負い目や罪悪感を感じている方、社会復帰をサポートします!
社会復帰を希望の方はこちらをクリックください



↓ うつ病で障害年金を受け取るための、魔法の靴の話【動画】