主治医も「他の患者にも宮里さんを紹介したい」と言っていました!(愛知県のK.Yさんの事例)

1.基本情報


氏名:K.Yさん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:愛知県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
結果:2級
年金額:約100万円(次回更新時までに受け取れる総額は約240万円)

 

2.事例


子育てのストレスから
不眠・耳鳴り・過食・自己嫌悪といった症状が現れるようになったK.Yさん。

病院ではうつ病と診断され、
治療を10年続けましたが症状は良くなりませんでした。

意欲減退・悪夢・嘔吐・不安・イライラ・浪費
といった症状も出てきます。

子育てが難しいどころか
子どもと一緒に生活することも困難になってきました。

最近では子どもは実家に預け、
自身はパートナーのサポートを受けて何とか生活している
という状況です。

K.Yさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理はできず、パートナーが用意した食事を何とか食べる
●入浴は月に1回程度、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けはできない
●買物にも一人では行けない
●通院にもパートナーの付き添いが必要
●相手の話をすぐに忘れてしまい、質問と違うことを答えてしまう
●集団行動は困難
●車の運転も困難
●外出自体が困難で、社会的手続きも自分ではできない
●子どもの学校行事にも参加できない

K.Yさんからの依頼を受けて全国障害年金パートナーズでサポートした結果、
無事に2級の障害年金が認められました。

 

3.K.Yさんの声


自分自身が障害年金を本当に受け取れるかわからず、
また、受け取れるとしても等級が分からなかったこともあり、
不安に思い悩んでいました。

インターネット上で見かけた精神障害に関するブログに
貴社の名前があったことをきっかけに
「全国障害年金パートナーズ」について検索し、
依頼するに至りました。

宮里様が大変ご多忙で、
限られた時間で月に10件ほどしか依頼を受けていないことを知り、
すぐに行動しなければと思い受給代行を依頼しました。

他社と異なり、
うつ病での障害年金受給に特化していたことや
実際に受給を成功させた実績が数多くあったことに加えて
受給できなかった際には10万円の返金サービスがあったことが
決め手でした。

終始とても丁寧かつ細やかにご対応いただけたのが
とても良かったです。

私の担当医はそれまで社労士が苦手と言っていたのですが、
そんな医師も宮里様のご対応には納得したようで、
「他の患者にも紹介したい」
と言っていたほどでした。

経済的な不安から受給をしたいと思ったものの
申請やその内容などが非常にわかりにくく、
何から始めたらよいか自分だけでは手がつけられずに不安だったときに
「全国障害年金パートナーズ」に出会い、
とても助かりました。

こうして年金受給に至ったのは宮里様のおかげです。

本当にありがとうございました。



障害年金の受給代行を通じて、うつ病者の経済的不安を解消します!
ー宮里竹識(みやざとたけし)

PS
うつ病による障害年金の受給判定を無料で行っています。
問合せフォームにチェックを入れていくだけなので、5分で申し込みできます。
受給判定を希望の方はこちらをクリックください

収入がなくて家族に負い目や罪悪感を感じている方、社会復帰をサポートします!
社会復帰を希望の方はこちらをクリックください



↓ うつ病で障害年金を受け取るための、魔法の靴の話【動画】