個人でするよりも確実で丁寧に進めて下さるので、とても助かりました!(広島県のM.Mさんの事例)

個人でするよりも確実で丁寧に進めて下さるので、とても助かりました!(広島県のM.Mさんの事例)

1.基本情報


氏名:M.Mさん
性別:女性
年齢:20代
都道府県:広島県
病名:気分障害
請求方法:事後重症
結果:2級
年金額:約120万円(次回更新時までに受け取れる総額は約330万円)

 

2.事例


学生時代のいじめをきっかけに
人に会うのが怖い・不安・過食・拒食・希死念慮・自傷行為
といった症状が続いていたM.Mさん。

病院を受診すると
うつ病や気分障害と診断されました。

その後3年ほど治療を続けていましたが
病気は良くなりません。

とても仕事ができるような状態でなく、
家族の援助により何とか生活していました。

M.Mさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理は基本的に行えず、一人だとしたら一日一食程度
●対人恐怖が強く、買物に行くこともできない
●通院には夫の付き添いが必要
●医師に自分の病状を適切に伝えられず、夫がフォローしている
●自分の気持ちを言葉にできず、質問に答えるまでに時間がかかってしまう
●家族以外の人とは話ができない生活となっている
●対人恐怖から、電車やバスに乗ることもできない
●社会的活動は難しい

私たち全国障害年金パートナーズが手続きを代行した結果、
2級の障害年金が認められました。

 

3.M.Mさんの声


家事・育児がうまくいかず、
鬱の為、買物等の管理がしにくくなり、
金銭面での不安も高まり悩んでいました。

主人が障害年金というものを知り、
調べてくれる中で全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐに主人が依頼をさせて頂きました。

他と比べ、
御社が確実に行ってくれると思ったのが
決め手となりました。

手続き等、様々な事を代行して頂ける為、
手間や不安もなく、安心して進めることができました。

個人でするよりも確実で、
丁寧に進めて下さるので
とても助かりました。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける