うつ病に特化した社労士がいないか調べて宮里さんにたどり着きました!(茨城県の稲葉さんの事例)

1.基本情報


氏名:稲葉さん
性別:男性
年齢:20代
都道府県:茨城県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約100万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約400万円)

 

2.事例


仕事が忙しく、月に100時間もの残業をしていた稲葉さん。

そのような中、
不眠・不安・倦怠感・焦燥感といった症状が現れました。

複数の病院を転院しながら治療を続けていましたが、
7年以上経っても症状は良くなりません。

病名も最初は適応障害だったのですが、
うつ病と診断されました。

仕事もここ3年ほどはできない状態が続いています。

稲葉さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は自分では作れず、食器を洗ったりすることもできない
●部屋の掃除や片付けはできない
●朝起きての洗面や歯磨きもできない
●買物にも一人では行けない
●金銭管理もすべて家族が行う
●集団行動は困難で、家族以外の人とは話をしない生活となっている
●電車やバスを利用することも難しい
●車を運転すると手が震えたり信号等への反応が遅れたりする
●銀行に行ってお金の出し入れをすることもない
●国民年金や国保、傷病手当金の手続きも自分一人では行えない
●基本的には臥床して過ごしている

当初は自分で障害年金の手続きをする予定でしたが、
それが困難であることが分かり、
家族の理解を得て全国障害年金パートナーズに依頼してくれました。

私たちがサポートした結果、
遡って2級という結果を手に入れることができました。

 

3.稲葉さんの声


生活に困窮しており、
どうしても障害年金を受給したかったので自分で手続きしたところ、
年金機構とのやり取りが複雑かつ受給できる可能性を
感じられないところに悩んでいました。

うつ病に特化した社労士がいないか調べてみたところ、
宮里さんのホームページに辿り着きました。

すぐには依頼しませんでした。
生活に困窮しており、
親族に着手金の相談をして依頼して良いと言われなかったからです。

親族に依頼する許しがもらえなかったところ、
宮里さんに親族と電話してもらい
了承が得られたので依頼できると判断して依頼しました。

正直受給できると思っていなかったところ
障害厚生年金2級を受給できたので、
本当に依頼して良かったと思いました。

これを言って良いのか分かりませんが、
自分のようにどうしても受給したくて自分で途中まで手続きしてしまい、
受給できる見込みが薄い状態の方でも、
1万円の着手金で最大の努力をしていただけるので
本当に受給できるか悩んでいて諦められない方は
宮里さんに依頼すべきだと思います。

金銭的な不安が和らぐだけでも快方に向かうと思います。



障害年金の受給代行を通じて、うつ病者の経済的不安を解消します!
ー宮里竹識(みやざとたけし)

PS
うつ病による障害年金の受給判定を無料で行っています。
問合せフォームにチェックを入れていくだけなので、5分で申し込みできます。
受給判定を希望の方はこちらをクリックください

収入がなくて家族に負い目や罪悪感を感じている方、社会復帰をサポートします!
社会復帰を希望の方はこちらをクリックください



↓ うつ病で障害年金を受け取るための、魔法の靴の話【動画】