とても書類を用意したり書いたりする気力がなかった!(茨城県のT.Yさんの事例)

とても書類を用意したり書いたりする気力がなかった!(茨城県のT.Yさんの事例)

1.基本情報


氏名:T.Yさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:茨城県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約140万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約240万円)

 

2.事例


子どもの頃から受験戦争でストレスをためていて、
意欲減退・過眠・人と接するのが苦手だったT.Yさん。

あるとき内科を受診したら
精神科に行くように言われました。

指示されたとおり精神科に行くと
うつ病と診断されました。

それから1年6ヶ月うつ病の治療を続けてきましたが
病状は良くなりません。

仕事も続けることができなくなったことで
障害年金を検討することになりました。

T.Yさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理はできず、家族が食事を用意しても一緒に食べることができない
●入浴は週に1回入るかどうか
●着替えは同じ服を1ヶ月着ている
●部屋の掃除や片付けは行えず、足の踏み場もない状態となっている
●お金をもっているとあるだけ使ってしまい、常に数百万円の借金をかかえてしまう
●決まった時間に通院するのが難しく、通院日の前日は徹夜して準備している
●人と話をするとすぐに疲れてしまい、通院後は疲れから気絶している
●電車やバスは吐き気から利用できない
●新聞や書類の内容が頭に入ってこない

T.Yさんの場合、
うつ病以外にも発達障害の症状もあったため、
病歴・就労状況等申立書の作成には工夫が必要でした。

もし自分で手続きしていたとしたら、
おそらく年金事務所で何度も書き直しを求められたはずです。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級が認められました。

 

3.T.Yさんの声


手続きが難しいと聞いていたけれど、
とても書類を用意したり、書いたりする気力がなかった。

インターネットで検索しているときに
全国障害年金パートナーズを知った。

それからすぐに依頼を決めた。

受けられないものは受けられない、等、
甘い言葉を出していなかった。
逆にそういうところが信頼できた。

最初から受給決定まで、
丁寧にフォローしてくださって、
決まるまでとても不安だったので
依頼してよかった。。。

まだ通院治療で心身の不安、うつ病は良くない状況だから
本当に助けていただいた。

ありがとうございました。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける