地元の社労士さんに相談しましたが、信頼性に欠けました(北海道のN.Tさんの事例)

地元の社労士さんに相談しましたが、信頼性に欠けました(北海道のN.Tさんの事例)

1.基本情報


氏名:N.Tさん
性別:男性
年齢:60代
都道府県:北海道
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約130万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約270万円)

 

2.事例


ある日会社でセクハラの疑いをかけられて
解雇されてしまったN.Tさん。

その時のショックから吐き気や体の震えといった症状が
現れるようになりました。

病院を受診したところうつ病と診断されます。

症状は悪化し、
不安・倦怠感・意欲減退・希死念慮
といった症状も現れてきました。

1年6ヶ月以上治療を続けてもうつ病は改善せず、
仕事もできない状態となっていました。

N.Tさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は自分では作れず、入居しているグループホームに食事を用意してもらっていた
●入浴や着替えは週に2回程度
●部屋の掃除を行えるのは2ヶ月に1回程度
●人と対面しての買物には恐怖感がともなう
●コミュニケーションに支障があり、医療関係者以外の人とは話をしない生活となっている
●外出が困難で、自閉した生活となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の障害年金が認められました。

 

3.N.Tさんの声


会社のパワハラによりうつ病となり、
さらに解雇通告で精神的にどん底の状態に至り
3ヶ月の入院となりました。

将来、社会復帰できるのか?
経済的不安で病状の改善は見込めない日々を過ごしていました。

地元の社労士さんに相談しましたが、
信頼感に欠け、インターネットで様々な情報を調べた結果、
全国障害年金パートナーズが発信する情報に
信頼をおくことができると確信しました。

メールでの問合せが最初でしたが、
宮里先生の対応の誠実さを感じ、
お任せしようと即決しました。

うつ病に特化した社労士さんだという点と、
やはり信頼感が決め手で依頼しました。

期待以上の障害年金2級が決定し、
大変喜んでおりますし、
経済的不安も解消し、療養に専念できます。

全国のうつ病で悩んでいる方に、
宮里先生への相談を呼びかけたいと強く思っています。

距離はまったく関係ありません。

先生を信頼し、
自分のことを正直に伝えれば
先生が誠実に対応してくれます。

間違いありません!

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける