実は最初、社名がユニークだったので怪しいところかと思っていました(東京都の桑原さんの事例)

実は最初、社名がユニークだったので怪しいところかと思っていました(東京都の桑原さんの事例)

1,基本情報


氏名:桑原さん
性別:男性
年齢:30代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約145万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約300万円)

 

2.事例


職場の人間とのトラブルをきっかけに
不眠・動悸・足の震えといった症状が現れるようになった桑原さん。

病院を受診したところ、うつ病と診断されました。

症状も悪化し、
意欲減退・集中力低下・希死念慮・自傷行為・家の中で奇声を上げる
といったものも出てきました。

家からも出られなくなり、
会社も辞めて1年以上も仕事ができない状態が続いています。

桑原さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は自分では作れず、家族が用意しても食べながら寝てしまう
●入浴は週に3回程度で、家族に促されて入浴する
●部屋の掃除や片付けは行えない
●買物には何とか行けるが、レジに人が並んでいると避けてしまう
●時折薬を飲み忘れたり、自己判断で服薬量を変えてしまう
●知らない人と話をすると緊張から体が震えてしまう
●急に話しかけられると挙動不審になってしまう
●話をするとすぐに疲れてしまい、翌日はぐったりしている
●社会的手続きも自分一人で行うのは難しい

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の障害年金が認められました。

 

3.桑原さんの声


金銭面で大きな悩みを抱えていました。
就業能力がなく、自分で収入を得られないため
先が不安でしかたない日々を過ごしていました。

スマホゲームのアプリに出ていた広告がきっかけで
全国障害年金パートナーズを知りました。

ちょうど社労士を探していた時期だったのですが、
候補がいくつかあったので
すぐには依頼しませんでした。

ホームページを見て、
うつ病に特化し実績と自信を感じたため
依頼を決めました。

具体的な数字が記載されていたことも大きかったです。

最終的な決め手は、
打ち合わせでお会いした時の宮里様の人柄です。

2級認定という最高の結果になり、感謝しています。
自分だけでは絶対に無理でした。
手続き中もメールでの連絡が早く、とても安心できました。

実は最初に広告を見たとき、
社名がユニークだったので少し怪しいところか?
と思っていました。

ホームページを見つけ内容を見ていくと、
どおよりも情報が多く、他の社労士事務所を上回る魅力がありました。

今後とも宜しくお願いします。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける