最初はうつ病だと気がつかず、自分は単なる怠惰だと思っていました(長野県のE.Hさんの事例)

1.基本情報


氏名:E.Hさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:長野県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円

 

2,事例


就職活動を続けていても中々就職できず、
家族からも仕事をしろと責められていたことで
ストレスをためていったE.Hさん。

あるときから不安・不眠・焦燥感・意欲減退といった
症状が現れるようになりました。

病院に行くとうつ病と診断されます。

10年以上治療を続けていますが、
うつ病は中々良くなりません。

仕事もできずに困窮していたところで
障害年金の手続きを行うことになりました。

E.Hさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理や後片付けを手伝うこともできず、食事は親が用意してくれても残してしまうことが多い
●着替えもできず、通院の日以外は一日中パジャマで過ごしている
●部屋の掃除や片付けは行えない
●朝起きての洗面・歯磨き・ひげ剃りもできていない
●人と対面しての買物は基本的にできない
●インターネットでの買物はできるが、金銭管理能力が乏しく、浪費してしまう
●通院は一人で行けるが、予約日や時間を間違えてしまうことが多い
●希死念慮から大量服薬を行ってしまうことがある
●相手が何を言っているのか分からなくなったり、質問に答えるまでに時間がかかってしまう
●電車やバスに乗ることも難しい
●ちょっとしたことで激昂してしまい、対人関係を築けない
●基本的には自閉した生活となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
5年遡って障害年金2級となりました。

 

3.E.Hさんの声


最初はうつ病だとは気がつかず、
自分の単なる怠惰だと思い病気とは思わず、
就職しては辞め、また就職しては辞めを繰り返していました。

なぜ決められたことを守れないのだろうと思い、
また金銭的にも消費が激しく、
理由も分かりませんでした。

そこで病院へ行って精神科を思い切って受診したところ、
”うつ病”という診断を受け、衝撃でした。

それで何度も薬を服用しても治らず、
相変わらず金銭も消費が激しく、
全く管理ができていないときに交通事故にあい
手術を受け更に悪化しました。

最初は障害でインターネットで検索をかけ、
すでに3級の障害者手帳をもっていたため
年金のことは分からず、
受給できる方は1級または2級の方だけだと思っていましたが、
インターネットの常に上位にくる全国障害年金パートナーズというところで
自分は受給可能かどうか無料判定を行ったところ、
可能性があると結果がでました。

不安もありましたが、
宮里先生自身が過去に同様な病歴があるということで
信頼してみようと思いすぐに先生に相談致しました。

物腰やわらかな先生の声を聞いて
すぐに決断しました。

正直それだけ色々なことに不安をおぼえていたからです。

それに今考えてみると、
報酬は一切頭になかったです。

それだけ切迫した環境だったからです。

実際に依頼してみると、
常に進捗状況を連絡頂き安心していましたが、
僕の場合、思うよりも最初軽度な診断書が書かれていたのです。

しかしさすがは障害年金のスペシャリスト、
切り口を変えて診断依頼を再度申請して
見事に2級へ導いてくれたのです。

皆さんはやはり、
報酬支払が高いとお考えでは?

他の社労士事務所に依頼して報酬が安く
結果が不安な日々を過ごすより、
多少高いが安心して日々を送る方が僕には楽だったです。

しかも、何より安心なのはうつ病に特化した社労士さんは
ほぼいないということです。

過去の膨大なデータから反映される経験値は計り知れないと思いますし、
費用対効果は群を抜く、
他の社労士さんとは一線を越え
他の追随を許さない唯一の存在が宮里先生だと思います。



障害年金の受給代行を通じて、うつ病者の経済的不安を解消します!
ー宮里竹識(みやざとたけし)

PS
うつ病による障害年金の受給判定を無料で行っています。
問合せフォームにチェックを入れていくだけなので、5分で申し込みできます。
受給判定を希望の方はこちらをクリックください

収入がなくて家族に負い目や罪悪感を感じている方、社会復帰をサポートします!
社会復帰を希望の方はこちらをクリックください



↓ うつ病で障害年金を受け取るための、魔法の靴の話【動画】