親切丁寧で、不安を与えない気遣いがある対応でした(北海道の渡辺さんの事例)

親切丁寧で、不安を与えない気遣いがある対応でした(北海道の渡辺さんの事例)

1.基本情報


氏名:渡辺さん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:北海道
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約130万円(次回更新時までに受け取れる金額は、約240万円)

 

2.事例


仕事が忙しく、
月の残業時間は100時間を超え、
過労状態が続いていた渡辺さん。

不眠・脱力感・意欲低下・集中力低下といった症状が
現れるようになりました。

病院にいくとうつ病と診断されます。

10年近く治療を続けていてもうつ病は治りません。

仕事も何度か休職を繰り返してきましたが、
ついに退職となってしまいました。

渡辺さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は自分では作れず、家族が用意しても食べられないことが多い
●入浴は二週間に1回
●着替えは10日に1回
●部屋の掃除や片付けは行えず、朝起きての洗面・歯磨きもできない
●買物は一人では行えない
●薬を飲み忘れてしまうことや飲み過ぎてしまうことが多い
●コミュニケーションに支障があり、誰とも話をしない生活となっている
●集中力の低下から、車の運転も止められている
●銀行でお金を引き出そうとしてもパスワードを忘れてしまう

私たち全国障害年金パートナーズで障害年金の手続きを代行した結果、
2級が認められました。

 

3.渡辺さんの声


労務不能で会社から何ら手当も出ず、
傷病手当金が支給されても、
会社には毎月多額の健康保険・厚生年金の保険料を納めなければならず、
生活資金も足りず借金で悩んでいました。

そんなとき、
インターネットの広告で専門の方がいらっしゃるのを知りました。

すぐに障害年金受給代行を依頼しました。

うつ病を専門にしていること、
他の社労士の方と比べての経験・病気を理解していることが
決め手で依頼しました。

親切丁寧でかつ迅速に不安を与えない気づかいある対応でした。

本来、私のような独り身では、
頑張って3級程度と考えていましたが、
宮里先生から2級を目指しましょうと言っていただき、
前向きになれました。

結果は2級でした。
本当にありがとうございました。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける