素人が障害年金の手続きをやってもろくな結果にならないと思いました!(東京都のI.Mさんの事例)

素人が障害年金の手続きをやってもろくな結果にならないと思いました!(東京都のI.Mさんの事例)

1.基本情報


氏名:I.Mさん
性別;女性
年齢:30代
都道府県:東京都
病名:統合失調症
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約155万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約420万円)

 

2.事例


職場の人から心ない言葉を言われたことをきっかけに
不眠・不安・意欲減退・拒食といった症状が現れるようになったI.Mさん。

病院に行くとうつ病と診断されました。

4年ほど治療を続けてきましたが
中々良くなりません。

症状が悪化したときには入院までしていました。

仕事もできなくなってしまい、
もう3年以上も働くことができない状態が続いています。

I.Mさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理は行えず、夫が食事を用意しても少量しか食べられない
●自主的に入浴ができず、夫に何度も促されてようやく入る
●部屋の掃除、朝起きての洗面や歯磨きもできない
●一人で買物に行くこともできない
●コミュニケーションに支障があり、質問されても答えるまでに時間がかかる
●集団行動は困難で、家族以外の人とは話をしない生活となっている
●対人恐怖から、電車やバスを利用することはできない
●銀行でお金の出し入れをすることもない
●基本的に外出することもできない

私たち全国障害年金パートナーズが障害年金の手続きを代行した結果、
無事に2級が認められました。

 

3.I.Mさんの声


今後の生活をどうしていくのかで悩んでいました。

「障害 生活費」というキーワードでインターネットを検索して
障害年金を知り、障害年金から受給代行を知り、
受給代行について詳しく調べているうちに全国障害年金パートナーズを
見つけました。

障害年金についても受給代行についても良く知らなかったので、
それぞれについてどんなものか調べてから依頼しました。

年金申請における手続きの多さ、書類のみで決まるという事実を知り、
素人がやってもろくな結果にならないだろうと思い依頼しました。

面倒な各種書類に関して、
特に悩むことなく指定のとおりすすめるだけで申請が終わったので
依頼して良かったです。

今回は全国障害年金パートナーズに代行してもらえたおかげで、
無事に2級で年金をいただけることになりました。

本当にありがとうございます。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける