依頼する社労士さんに迷っている方は、ぜひ宮里先生にお願いしてください!(福島県のT.Hさんの事例)

依頼する社労士さんに迷っている方は、ぜひ宮里先生にお願いしてください!(福島県のT.Hさんの事例)

1.基本情報


氏名:T.Hさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:福島県
病名:双極性障害
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約170万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約240万円)

 

2.事例


仕事環境が特殊で、
お客さんとの折衝が厳しいものであったことに
ストレスを感じていたT.Hさん。

気がつけば憂うつや不眠といった症状が現れるようになりました。

病院に行くとうつ病と診断されます。

症状も悪化し、
意欲減退・不安・焦燥感・多弁・多動・イライラ
といったものも出てきました。

最初はうつ病として治療を受けていたものの、
中々症状は良くならず、
現在は双極性障害として治療を続けています。

しかし治療開始から約9年、
まだ病気の治る気配はありません。

仕事も続けることができなくなっていました。

T.Hさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は自分では作れず、夫が用意するか宅配ですましている
●入浴は週に3回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けはできない
●買物が困難なため、日用品の買物はほとんど夫が行っている
●人と話をするのがおっくうで、相手が何を言っているのか分からなくなる
●外出が難しいため、社会的手続きも困難

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3.T.Hさんの声


傷病手当金が終わったら無収入になり、
貯金を取り崩していく生活になってしまう
という大きな不安でいっぱいになっていました。

障害年金をもらえる可能性があるかもしれないと
インターネットで検索しているうちに知り、
その中で全国障害年金パートナーズの動画「魔法の靴」を見ました。

すぐには依頼しませんでした。

地元の社労士さんと違い、
一度もお会いせずに電話とメール、郵送だけで
本当に申請までそして受給が可能なのか不安だったからです。

手続きの代行ではなく「受給代行」であり、
不支給の場合の返金保証。

しかもうつ病に特化しており、
成功率が非常に高いからこその返金保証という宮里先生の実績を
動画・ブログ等で拝見して依頼を決めました。

私の単純な質問にも迅速丁寧に回答をくださり、
距離の遠さは全く感じず、
先生がいつも近くにいてくださる感じさえしました。

自分で手続きする気力はありませんでしたが、
例え気力があったとしても自分で書ける書類ではなく、
途中であきらめていたと思います。

そんな私が、
依頼して2ヶ月で申請していただき、
更に、通常3〜4ヶ月と言われている審査が2ヶ月で、
加えて2級が受給できたのは、本当に宮里先生にお願いしたからだと
つくづく感じています。

障害年金を依頼する社労士さんで迷っている方は、
ぜひ宮里先生にお願いしていただきたいと思います。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける