貯金もなく何とか収入を得る方法がないか、悩んでいました(福島県K.Hさんの事例)

貯金もなく何とか収入を得る方法がないか、悩んでいました(福島県K.Hさんの事例)

1.基本情報


氏名:K.Hさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:福島県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:3級
年金額:約58万円

 

2.事例


仕事が忙しかったことで体調を崩したK.Hさん。

過呼吸・手足の震え・動悸・無気力・意欲減退・不眠・不安・希死念慮
といった症状がありました。

病院ではうつ病と診断され、
7年ほど治療を続けていますが
症状は改善しません。

仕事も行えなくなってしまい、
ここ3年ほどは働けない状態が続いています。

K.Hさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日一食、調理や後片付けはできない
●入浴は2週間に1回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けも全くできない
●一人で買物に行くこともできない
●通院には家族の送迎が必要
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●車の運転や自転車に乗ることもできない
●基本的に外出できず、社会的手続きはすべて家族が行っている
●基本的に臥床して過ごしている

このような状態のため、
障害年金の対象には十分なり得る状態であったが、
主治医からは「あなたは障害年金の対象にならない」と言われていました。

そこで諦めることなく全力を尽くしたことで、
何とか3級の障害年金が認められました。

 

3.K.Hさんの声


障害年金があること自体知らなかったので、
貯金もなく、何とかして収入を得る方法はないか悩んでいました。

たまたまYouTubeで見た宮里さんの動画がきっかけで
全国障害年金パートナーズを知りました。

受給代行を知ってからはすぐに依頼しました。
代行依頼するのに、ためらいはありませんでした。

実際に宮里さんと電話で話してみて、
この方なら信用できると判断したのが
決め手となりました。

迅速丁寧な対応で、
入院中だったのですが特にやり取りで困ることもなく、
宮里さんに依頼して良かったと思いました。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける