自宅から距離が離れていることで支障をきたすことはありませんでした!(京都府K.Hさんの事例)

自宅から距離が離れていることで支障をきたすことはありませんでした!(京都府K.Hさんの事例)

1.基本情報


氏名:K.Hさん
性別:男性
年齢:30代
都道府県:京都府
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約125万円(次回の更新までに受け取れる総額は、約450万円)

 

2.事例


職場の特定の人から無視される、
ミスをしたときに怒鳴られるといったことに悩んでいたK.Hさん。

不眠・昼夜逆転・抑うつ気分・躁状態・意欲減退・不安・希死念慮
といった症状が現れ、うつ病と診断されました。

約8年ほど治療を続けていますが、
症状は良くなりません。

仕事を何度も休職し、
その度に社会復帰を目指していましたが上手くいかず、
結局退職することになりました。

K.Hさんの日常生活状況は次のとおりです。

●一人だと食事は一日一食程度、調理や後片付けもできない
●部屋の掃除や片付けはできない
●躁状態になると浪費行動がみられる
●大量服薬の経験があるため、薬の管理は母が行っている
●相手が何を言っているのか分からない、自分の気持ちを言葉にできないことがある
●社会的手続きを自分で行うのは難しい
●臥床して過ごすことが多い

私たち全国障害年金パートナーズが手続きを代行した結果、
無事に障害年金2級が認められました。

 

3.K.Hさんの声


複数回に渡って休職・復職を繰り返した後の休職であったため、
今後の生活を営むにあたって最低限必要な費用が確保できないことが
恐怖でした。

ホームページをみて全国障害年金パートナーズを知りました。

2週間ほど考えました。

京都〜東京・茨城の距離の遠さから、
どのように手続きしていただけるのか、
皆目見当がつかなかったためです。

精神の障害年金に特化されていたことが決め手で
受給代行を依頼しました。

前職で精神医療への福祉に関する仕事をしており、
精神医療に関する手続きは片手間ではできないことを知っていたので
うつ病による障害年金に特化されていることが心強く思えました。

距離のことで支障に思うことは全くありませんでした。

必要なもの、理由、手順を順序立てて私や主治医にご説明いただけたので、
安心感がありました。

今回障害年金が受給できることとなり、
生活面に少し展望がもてるようになりました。

社会生活に戻れるように少しずつ取り組んで行きたいと
思うようにもなれました。

もし、ほんの少しだけ振り出せる力が残っているなら、
宮里先生にお願いしてみることを私はお勧めしたいです。

その力を自力で対行政で手続きすることに使うのは、
病苦の身にはすごく疲れ、もったいないように思えたので!

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける