自分で障害年金の申請していたら通らなかったに違いないと思います(埼玉県の平岡さんの事例)

自分で障害年金の申請していたら通らなかったに違いないと思います(埼玉県の平岡さんの事例)

1.基本情報


氏名:平岡さん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:埼玉県
病名:双極性障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円

 

2.事例


不規則な仕事をしていて、
夜中に帰宅することも多かった平岡さん。

周りに人がいても誰とも話をしない生活が続いていて、
ストレスをためていました。

そのような中、
不眠や過呼吸といった症状が現れるようになりました。

病院ではうつ病や不眠症と診断され、
かれこれ10年ほど治療を続けていますが
症状は中々良くなりません。

当然、仕事もできない状態が続いていました。

平岡さんの日常生活状況は、次のとおりです。

●食事は一日一食、一人暮らしだとしたら食事はとれないと考えられる
●入浴は週に2回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けは行えない
●朝起きての洗面や歯磨きもできていない
●買物には事前のメモが必要
●躁状態になると多弁となり、コミュニケーションに支障がでる
●電車やバスを利用するのは難しい

今回の障害年金手続き、
主治医の協力を得るのが難しかったり
初診日の証明などで難易度が高かったです。

とはいえ諦めるわけにはいきませんので、
全力でサポートを続けた結果、
何とかこちらの主張が認められて2級の障害年金が認定されました。

 

3.平岡さんの声


障害年金の申請をするためには、
たくさんの書類をそろえなければならず、
自分では何をどうやってそれを為せば良いのかが分からず、
頭がグルグルして胃痛になってしまいました。

障害年金のノウハウ本を読んだところ、
初診証明書が必要と分かったが、
自分の場合、とても初診証明書を取得できない状況だったことに
悩んでいました。

そのような中、
ネットで「社会保険労務士 精神疾患 障害年金」で検索し、
全国障害年金パートナーズを見つけたことから
フラフラと電話した記憶があります。

高い代金を払うのは無職の身には厳しく、
申請しても通らない可能性もあり、
自分の場合は特に厳しいと分かっていたので、
煩雑さを想像するだけで暗い気分になっていたので、
中々依頼に踏み切れませんでした。

とにかく自らの手で申請業務を進めるのは100%無理だと思ったので、
ダメ元で1度代行をお願いしてみようと、
最後はやけっぱちな気分でした。

実際に依頼してみて、
1つ1つの質問に丁寧に回答してもらえたし、
自分で煩雑な書類集めや提出などしなくても
何も考えなくても進めていただけるので、
一気に気持ちが楽になりました。

初診証明をとるときだけは苦労して辛かったけれど、
他は本当に楽でした。

本当に障害年金を受給できるとは思っていなかったので、
とても嬉しいです。

自分で申請していたら、
通らなかったに違いないと思いました。

仕事をすることを医師に止められており、
長いこと収入がなくて家人に申し訳なく肩身の狭い思いをしていたので、
心からホッとしました。

受給代行をお願いして本当に良かったです。

それも、うつ病による障害年金専門の社会保険労務士だったからこそ、
成功したのだと思います。

本当にありがとうございました。