障害を持ち働けるところが見つからず、生活に不安を感じていました(埼玉県のS.Tさんの事例)

障害を持ち働けるところが見つからず、生活に不安を感じていました(埼玉県のS.Tさんの事例)

1.基本情報


氏名:S.Tさん
性別:女性
年齢:20代
都道府県:埼玉県
病名:統合失調症
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡って2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約570万円)

 

2.事例


学生時代のいじめをきっかけに、
リストカット・希死念慮・記憶力低下・パニック・手足の震え
といった症状が現れるようになったS.Tさん。

病院に行っても症状は良くならず、
幻覚・幻聴といった症状も現れるようになり
統合失調症と診断されることになりました。

当然、働くこともできません。

実は数年前に別の社会保険労務士に障害年金の依頼をしていたのですが、
その社労士さんが診断書の修正を強く医師に求めたため、
医師との関係が崩れてしまいました。

結局そのときは医師との信頼関係が崩壊しただけで
障害年金の手続きを行うことができませんでした。

あれから数年経ち、
やはり症状が改善しなかったことから
今度は私たち全国障害年金パートナーズに障害年金のサポートを
依頼してくれました。

S.Tさんの日常生活状況は、次のとおりです。

●部屋の掃除や片付けは行えない
●一人で買物に行くこともできない
●通院も一人では行けないため、家族の送り迎えが必要
●コミュニケーション能力に支障があり、医師から人と話をするよう言われているが、できていない
●家族や医師以外の人とは話をしない生活となっている
●バスや電車を利用するのも困難
●銀行でお金の出し入れをすることもできていない

過去の他の社労士さんが医師との関係を崩したおかげで苦労しましたが、
何とか遡って2級の障害年金を手に入れることができました。

 

3.S.Tさんの声


障害を持ち働けるところが見つからず、
生活に不安を感じていました。

インターネットで障害年金のサポートを行う社会保険労務士を探していたら、
全国障害年金パートナーズを見つけました。

ホームページが信頼できそうで、
他の社労士さんよりも良いと感じたため
すぐに依頼を決めました。

依頼の決め手は、全国障害年金パートナーズの実績です。

実際に依頼してみて、
対応が良く親切で、
ホームページの内容通り良い結果が出ました!

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける