2級の決定通知が来たときは思わず「やった!」と声が出ました(北海道のO.Yさんの事例)

2級の決定通知が来たときは思わず「やった!」と声が出ました(北海道のO.Yさんの事例)

1.基本情報


氏名:O.Yさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:北海道
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約190万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約360万円)

 

2,事例


仕事が忙しく、
月の残業は100時間を超えていたO.Yさん。

過労状態が続き、
不眠・涙が出る・食欲不振・意欲減退・不安といった
症状が現れるようになりました。

病院ではうつ病と診断され、
3年以上治療を続けてきましたが
症状は良くなりません。

仕事も行うことが難しくなり、
休職を繰り返しています。

O.Yさんの日常生活状況は、次のとおりです。

●食事を用意することができず、用意してもらっても食べられないことが多い
●入浴は3日に1回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けはできない
●朝起きての洗面や歯磨きもできないことが多い
●一人で買物に行くことができない
●通院も妻の付き添いが必要
●服薬管理もできないため、妻が薬の管理をしている
●質問されても答えるまでに時間がかかる
●相手の言葉が理解できなかったり、上手く説明することが難しい
●集中力低下から、車の運転もできない
●バスや電車の利用も難しい
●基本的には自宅で臥床して過ごしている

私たちが障害年金の手続きを代行した結果、
無事に2級が認められました。

 

3.O.Yさんの妻の声


1年6ヶ月以前に傷病手当金を受給していたため、
今回の休職で傷病手当金を受給できずに困っておりました。

また、今回はほとんど寝ている状態となってしまいましたので、
休職することとなり、社会保険料の支払いも大きく、
病状的にも金銭的にも不安でした。

半年以上前からインターネットで障害年金について調べていました。

最初は、近郊の社労士さんばかり調べていましたが、
色々調べていくうちに全国障害年金パートナーズさんを知りました。

在職中でも障害年金受給に該当するのか、
また、社労士さんへ依頼することは決めていましたが、
どこにするか悩んでいました。

北海道からも依頼を受けていたことと、
ホームページでの説明が本当に詳しく分かりやすかったのと、
やはりうつ病に特化していることが決め手で
全国障害年金パートナーズに依頼を決めました。

説明も簡潔で分かりやすく、
メール等も早く、
次は何をするのかを的確に教えてくださるので、
うつ病でも負担にならず、安心してお任せできました。

診断書も、自分で確認したところ完璧だと思ったのですが、
休職中と受け取れない書き方になっていたりと、
もし自分で申請していたら障害年金を受給できなかったのではと
思っています。

2級に認定されるのは中々難しいと思っていましたので、
2級の決定通知が来たときは、
思わず「やった!」と声が出たほどです。

と同時に、病気の深刻さを再度受け止めました。

近郊の社労士さんに依頼していたら、
こちらから出向いたりしなくてはならなかったでしょうから、
うつ病にとっては辛いと思うので、
逆に遠方で良かったと思っています。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける