うつ病で会社に行けず経済的に苦しい状況に悩んでいました(大阪府N.Hさんの事例)

うつ病で会社に行けず経済的に苦しい状況に悩んでいました(大阪府N.Hさんの事例)

1.基本情報


氏名:N.Hさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:大阪府
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級(次回更新時までに受け取れる総額は、約400万円)

 

2.事例


昇進して仕事の責任が大きくなったことにストレスを感じていたN.Hさん。

気がつけば不安や意欲減退、不眠、焦燥感、食欲不振、希死念慮
といった症状が現れるようになりました。

病院を受診して10年以上治療を続けていますが、
まだうつ病は改善しません。

仕事も継続して行うことができず休職を繰り返しており、
まだ職場復帰できる状態にありません。

N.Hさんの日常生活状況は、次の通りです。

●食事は1日に食程度で、調理や片付けを手伝うこともできない
●入浴は週に3回程度
●部屋の掃除や片付けもできない
●朝起きての洗面・歯磨き・髭剃りといったこともほとんどできない
●買い物をするのも難しく、日用品は全て妻が買っている
●集団行動は難しく、家族以外の人との交流はない
●人が多いところに行くと冷や汗が出てパニックになる
●銀行でお金を出し入れすることもほとんどない
●複雑なことを理解したり、理論だって説明することが難しい
●基本的には自宅で臥床して過ごしている

当初は主治医から障害年金は難しいと言われていましたが、
私たち全国障害年金パートナーズがサポートしたことで
2級の障害年金が認められました。

 

3.N.Hさんの声


病気で会社に行けず、収入のない中、
傷病手当金の期間も終了し経済的に苦しい状況に悩んでいました。

インターネットで障害年金を調べているときに
全国障害年金パートナーズを知り、
簡単に受給判定ができそうに思え
まずは無料判定を依頼しました。

初めは本当に自分が障害年金を受給できるのか不安でしたが、
無料判定依頼の翌日に直接連絡し、
宮里様の声を聞くことができ、依頼しようと決めました。

宮里様の要点を突いた質問に答えるだけで
自分自身も整理がついたように感じ、
依頼することを決めました。

電話では2〜3回、
あとはメールでやりとりしていただき、
手順通り進めることができたと思います。

自分で準備する書類に戸惑いもありましたが、
わからないこともすぐにご回答くださり
スムーズにできたと感じております。

今後のこともありますが、
引き続き安心してお任せできると感謝しております。

色々とお世話になりありがとうございます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける