他の社会保険労務士の先生方は専門性に欠けていました(北海道のA.Yさんの事例)

他の社会保険労務士の先生方は専門性に欠けていました(北海道のA.Yさんの事例)

1.基本情報


氏名:A.Yさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:北海道
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約178万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約530万円)

 

2.事例


公務員として働いていたA.Yさんですが、
とても精神的に厳しい部署で働いていました。

残業も多く、
帰宅するのは毎日夜の12時を過ぎ、
月の残業は100時間を超えていました。

そのうちに不眠や食欲不振といった症状が現れます。

最初は病院に行くことを拒否していたのですが、
妻に促されて心療内科を受診しました。

結果、うつ病と診断されます。

症状は中々改善せず、
希死念慮・幻聴・意欲減退・対人恐怖・不安
といった症状も出てきました。

10年以上治療を続けてきましたがうつ病は治らず、
仕事は何度も休職しています。

そして退職が具体的になってきた頃、
私たち全国障害年金パートナーズと出会い、
障害年金の受給代行を依頼してくれました。

A.Yさんの日常生活状況は、次のとおりです。

●調理や後片付けを手伝うこともできず、食事は用意されたら何とか食べる
●入浴は週に2回程度、妻に何度もうながされて入る
●着替えは、着ている服を取り上げられて新しい服を用意されて着替える
●部屋の掃除や片付けは行えない
●一人で買物に行くこともできない
●通院も妻の付き添いが必要
●服薬も妻が管理している
●対人恐怖が強く、相手の話が理解できないことや自分の気持ちを言葉にできないことが多い
●集団行動は困難で、妻以外の人とは話をしない生活となっている
●車の運転も一人では困難
●銀行でお金を下ろそうとしても、パスワードを忘れてしまうことがある
●基本的に臥床して過ごしており、日常生活の多くに家族の援助が必要

私たち全国障害年金パートナーズが障害年金のサポートを行った結果、
無事に2級が認められました。

 

3.A.Yさんの声


うつ病で障害年金を受給することは、
年々審査基準が厳しくなってきていると聞いていたので
果たして自分自身が、うつ病で障害年金を受給できるのか不安でした。

インターネットで色々な所の障害年金受給代行を行っている
ホームページを閲覧し、全国障害年金パートナーズを知りました。

最初は、近くの社会保険労務士の先生に依頼した方が良いのではと
悩んでいました。

しかし、宮里先生のブログや動画を見て、
半年考えた結果、全国障害年金パートナーズに依頼したいと思いました。

他の社会保険労務士の先生方は、
うつ病以外の障害年金も行っており、
専門性に欠けていました。

しかし宮里先生は、
うつ病に特化しており、
障害年金の成功率が非常に高かったので依頼を決めました。

電話での面談だけで適切な申請書類の作成をしていただき、
全く自分には負担がなかったのでありがたかったです。

また、メールでのやり取りでは
迅速に対応していただき、
感謝しています。

遠くからでしたが、スピーディーな対応をしてくれた宮里先生に
障害年金受給代行を依頼して正解でした。

おかげで、
受給することが難しいうつ病での障害年金を
受け取ることができました。

これからも、
多くのうつ病患者の中で生活に困っている方々を
救ってあげてください。

 

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける