障害年金という収入のゆとりができることで心が楽になってきました(鳥取県のM.Sさんの事例)

障害年金という収入のゆとりができることで心が楽になってきました(鳥取県のM.Sさんの事例)

1.事例


氏名:M.Sさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:鳥取県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約143万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約270万円)

 

2.事例


仕事の営業ノルマや月100時間の残業が重なり、
過労状態となっていたM.Sさん。

しだいに吐き気・食欲不振・意欲減退・不安
といった症状が現れるようになりました。

当初は病気という認識がなく、
3年ほど病院に行くことができませんでした。

限界が来て病院へ行くと、
うつ病と診断されます。

次第に症状も悪化していきました。

10年以上治療を続けていますが、
うつ病は良くなりません。

ここ4年ほどは仕事もできない状態が続いています。

M.Sさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理は難しく、妻が食事を用意しても食べられないことがある
●入浴は二日に一回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けにはあまり頓着しない
●買物に一人で行くことはできない
●服薬の管理を自分で行うことができず、家族に毎回確認されている
●コミュニケーション能力に支障があり、電話にも出られない
●質問しても回答までに時間がかかってしまう
●国保や国民年金の手続きも自分ではできなかった
●基本的に臥床して過ごすことが多い

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の障害年金が認められました。

 

3.M.Sさんの妻の声


とにかく収入がなくなって困っていました。
通院するのもお金がかかるので、ためらうほどでした。

障害年金の制度があることをネットや本で知り、
検索してみると全国障害年金パートナーズへたどり着きました。

動画を見て、
とても自分たちだけの力では難しいと感じ、
お願いしました。

とりあえず話を聞いてみるだけでもと思い、すぐにメールしました。

行動を起こさなければ全くもらえないので、
使える制度は利用したいと思い、
すぐに行動しました。

自分で手続きして失敗したら次回は難しいと知り、
プロにお任せするのが確実だと感じました。

本人はとても行動するのは難しいし、
家族も時間が取れないので・・・。

実際に依頼してみて、
遠方からの依頼を感じることなく、
メールとTELでほぼ終わりました。

こちらが行ったのは、必要な書類を送るだけ。

年金事務所に自分で行くこともなく、
とてもありがたかったです。

当初3級が確実と思っていましたが、
結果は2級となりびっくりしました。

収入のゆとりができると、
本人も徐々に心が楽になってきたようで。

いただいた障害年金をありがたく利用させていただき、
体調の回復に励みたいと思います。

ありがとうございました。

 

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける