宮里先生はいつも冷静でちょっとしたことでパニックになる私をいつも落ち着かせてくれました(神奈川県のS.Mさんの事例)

宮里先生はいつも冷静でちょっとしたことでパニックになる私をいつも落ち着かせてくれました(神奈川県のS.Mさんの事例)

1.基本情報


氏名:S.Mさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:遡って2級
年金額:約79万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約640万円)

 

2.事例


家族が亡くなったことのショックから、
不眠・思考力低下・不安・体が動かないといった症状が現れたS.Mさん。

病院を受診するとうつ病と診断されます。

治療を続けても症状は良くならず、
意欲減退・食欲不振・イライラ・希死念慮といった症状も出てきました。

とても働けるような状態になく、
初診日以降は就労できない状態が続いています。

治療開始から8年ほど経ってもうつ病は改善せず、
障害年金を受け取るために全国障害年金パートナーズに依頼してくれました。

S.Mさんの日常生活状況は次の通りです。

●食事は1日2食程度で、調理や後片付けを手伝うこともできない
●家族と一緒に食事することができず、いつも一人で食べている
●入浴は週に2回程度、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けはできない
●買い物は基本的に行えず、ここ1年ほど服を買うこともできていない
●通院には家族の送迎が必要
●人と話をすることが難しくなっている
●電車やバスを利用することはできない
●外出自体が難しく、社会的手続きは家族が行う必要がある
●文字を理解するのも難しくなってきた
●基本的に臥床して過ごしている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
遡って2級が認められました。

 

3.S.Mさんの声


うつ病で障害年金が受給できることを知りませんでした。
主治医も私が言うまでその話をしてくれませんでした。
病院には自立支援のポスターは貼ってあるのに・・・。

障害年金を知ってからは、
自分で手続きできるのかほぼ寝込んでいたので不安でした。

スマホで「障害年金」を検索して
全国障害年金パートナーズを知りました。

「うつ病に特化」と入力したと記憶しています。

すぐには依頼しませんでした。

理由として、
第一に電話をしたい気分ではなかったこと、
第二に代行業者(障害年金社労士)が多すぎて自分では選べなかったからです。

主人に相談して2〜3社にしぼってもらい、
ホームページを見てもらって(自分では頭に内容が入ってこない状態のため)
全国障害年金パートナーズだけは障害年金が認定されなくても
こちら側が損をしないところだと分かり、TELしました。

実は宮里先生のところ以外にも2社にTELしたのですが、
どこも社労士事務所にに行くか自宅にきてもらうかして
直接面談する必要があったのですが、
当時の私は外出も人に会うことも困難だったので
電話とメールで代行いただけて心身ともに助かりました。

宮里先生はいつも冷静で、
ちょっとしたことでパニックになってしまう私をいつも落ち着かせてくださり、
私が留守電を入れると業務外の時間でも必ず電話してくださり、
それはそれはとても心強かったです。

本当に先生のおっしゃる通りにした結果、
5年間遡って年金が受給でき
感謝しかありません。

また、きめ細やかな心遣いも本当に嬉しかったです。

 

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける