仕事をすることができなくて経済的にも精神的にも追い込まれて、人生終わりと思っていました(東京都のK.Hさんの事例)

仕事をすることができなくて経済的にも精神的にも追い込まれて、人生終わりと思っていました(東京都のK.Hさんの事例)

1.基本情報


氏名:K.Hさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病・双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:遡って2級
年金額:約230万円(次回更新時までに受け取れる総額は約1600万円)

 

2.事例


仕事が忙しく、月の残業は100時間を超えていて過労状態にあったK.Hさん。

限界を超えて働いたことで
不安・意欲減退・緊張といった症状が現れるようになりました。

病院に行くとうつ病と診断され、
不安・妄想・集中力低下・焦燥感・悲観的になる・食欲減退
といった症状も現れるようになりました。

7年以上治療を続けてきましたが、
中々症状は良くなりません。

病状が悪化して入院することも何度かありました。

また、とても働ける状態ではなく、
休職を複数回取った後退職となりました。

K.Hさんの日常生活状況は次の通りです。

●食事は一日1〜2食で、調理や後片付けを手伝うこともできない
●入浴は週に1回、家族に促されてようやく行う
●部屋の掃除や片付けは行えない
●買い物に一人で行くこともできない
●躁状態になると浪費してしまう
●通院にも家族の付き添いが必要
●薬の管理も家族が行なっている
●集団行動は行えない
●躁状態になると多弁・傲慢になってしまう
●電車やバスを利用することもできない
●銀行に行ってお金の出し入れをすることもできない

K.Hさんより依頼を受けて私たち全国障害年金パートナーズが
手続きを代行しましたが、
ちょっと特殊な事情があり、審査にやや時間がかかってしまいました。

その特殊な事情というのはここではお伝えできませんが、
もし自分で手続きしていたとしたら、
もしかしたら不利益な結果になっていたかもしれません。

色々と情報を整理し、
良い結果を求めて動き続けたからこそ
遡って2級という結果につながったと思います。

 

3.K.Hさんの声


仕事をすることができなくて、
経済的にも精神的にも追い込まれて
人生終わりと思っていました。

困っていたところ、
以前障害年金を申請したらと友人に言われたことを思い出し、
ネットで色々と調べていて全国障害年金パートナーズに目が止まりました。

色々な社労士事務所を調べて、
困っていたので代行してもらいたくて依頼しました。

他の社労士事務所と比較して、
うつ病(双極性障害)などの精神疾患に特化していて、
過去の実績がよかったことが決め手で
全国障害年金パートナーズに依頼しました。

宮里様はとにかく障害年金を受給するためにアドバイスしていただき、
プロ意識をもって取り組んでいただけたので本当に感謝しています。

障害年金の申請に必要な診断書と同じフォームの依頼書を先生方にお渡しする方法は、
本当に素晴らしいと思います。

これからも、
より多くの患者様を助けてあげてください。

 

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける