【たけしーさー日記】障害年金社労士のホームページが似たりよったりなっている理由を突き止めるよ!

【たけしーさー日記】障害年金社労士のホームページが似たりよったりなっている理由を突き止めるよ!

From:たけしーさー
つくばの自宅より、、

こんにちは、
全国障害年金パートナーズの守り神のシーサー、
たけしーさーだよ。

ぼくのような人気者は周りが放っておかないのは
みんな分かるよね。

僕も方々から色んな依頼が舞い込むんだ。

最近副業でやっているのが
ミステリーハンターさ。

某世界の不思議を発見するハンターと言っても過言ではないけど、
今回の依頼はこれさ。

障害年金の手続きを依頼する社労士を探しているんだけど、
どこのホームページも同じようなことばかり言っていて、違いが分からない。
結局どの社労士を選べば良いの?

とても良い質問だね。

それでは今日は、
障害年金社労士の不思議を発見してみよう!

というわけでぼくが訪れたのは、
Googleの検索ページさ。

そこで
「障害年金 社労士」
と打ち込んでみるよ。

すると現れたのは、
障害年金のサポートを行っている社労士事務所のホームページの数々。

早速リサーチを進めてみるよ。



















リサーチ終了。

色々なことが分かったよ。

たしかに障害年金をやっている社労士さんのホームページ、
かなり似ているよね。

まずはサイト名、
「○○センター」とか「○○相談室」とか、
そんな感じのサイト名が多いね。

まぁこれは仕方ないかな。

だって、センターとか相談室とかって名前にすれば、
公的機関の感じがしてしっかりしたところだと思うでしょ。
権威性を高めるためには効果的なのだよ。

ふっふっふ。

ちゃんと狙いがあってサイト名をつけているんだね。

ここでポイントとなるのが、
これはあくまでサイト名であって
社労士事務所名ではないということさ。

ホームページのどこかに
「○○社会保険労務士事務所」
という感じで社労士事務所名が書かれているから
それをコピペしてネットで検索してごらんよ。

その社労士さんが本当に障害年金を専門にしているのか、
それとも別の社労士業務も行っているかが分かるはずだよ。

障害年金を専門にしていると見せかけて別の仕事もしている人も多いので、
この方法は本物の専門家を見極めるためにとても有効なことなのさ!

それはさておき、
障害年金社労士のホームページが似ている理由、
それは次の3つだ。

 

【理由①:大手コンサル会社が関与している】

似たり寄ったりな障害年金社労士のホームページの中でも、
ひときわ似ているグループがあったんだ。

似ているなんてもんじゃない。

若干表現やデザインを変えているけど、
内容はほぼ一緒というホームページが多数あったんだ。

これにもちゃんとした理由があったんだ。

素人には分からないかもしれないけど、
ミステリーハンターのぼくの目はごまかされない!

ほぼ一致の障害年金社労士のホームページが多数ある理由、
それはとある大手のコンサル会社がコンサルティングした
社労士事務所だからさ。

約400万円という車が買えるほどのお金をコンサル会社に支払うことで、
ホームページを作ってくれたり、
障害年金の手続きのノウハウなんかを教えてくれえるんだ。

別にこれは悪いことではないよ。

誰だって最初は素人なんだから、
コンサル会社にお金を払うことでプロのノウハウや
ホームページなんかが手に入るんだ。

一人でコツコツやるのも大切だけど、
専門家の助けを借りることも選択肢の一つだよね。

大学を受験するために予備校に通うようなものかな。

 

【理由②:自分の近くの社労士だと思われるよう複数のHPを作っている】

もう一つ、そっくりさんなホームページがあったんだけど、
これは一つの社労士事務所が複数ホームページを作っているパターンだね。

なぜこんなことをするかって?

自分が障害年金の手続きを社労士に依頼しようと思ったとき、
遠くの社労士と近くの社労士だったらどっちを選ぶ?

他に何も違いがなければ、近くの社労士を選ぶよね。

それなら各都道府県ごとに、
都道府県の名前をサイト名に加えたホームページを作ればいいじゃない。

そうすればみんな、
自分の近くの社労士だと思って安心して依頼できるよね。

唯一問題があるとすれば、
社会保険労務士は複数の社労士事務所の代表にはなれないということさ。

なので、
社労士事務所として一つの場所に事務所を置きつつ、
ホームページは複数の都道府県向けのものを作る。

A県向けのホームページを作っても、
事務所の所在地はB県と実際の事務所地を表記しているから大丈夫さ。

そんなの納得いかないって?

何も違法行為はしてないはずだよ。

 

【理由③:単純に他の競合のマネをしている】

これもかなり多いんじゃないかな。
さっき説明した大手コンサル会社が関与したホームページの構成なんかは、
けっこうマネされているみたいだし。。。

ちなみに、宮里の全国障害年金パートナーズも大分マネされているね。
もし全国障害年金パートナーズと似たようなことを言っている
サイトがあっても、オリジナルはぼくらだからね。

といっても、
競合のサイトを真似することは
必ずしも悪いことだとはいえない。

人の良いところをマネしていくことで
自分も成長できるのだからね。

技術の進歩なんて、マネがなければ成立しないのだよ。

そんなわけで、
全国障害年金パートナーズは競合に真似されるすてきな社労士事務所なのさ。

 

そして最後に、
障害年金を依頼する社労士選びのポイントをお伝えするよ。

次の3つに気をつけてくれれば大丈夫さ。

①障害年金を専門にしている社労士事務所を選ぶ
②事例やお客様の声を多数掲載しているところを選ぶ
③自分の病気やケガでの手続きを多数経験しているところを選ぶ

これであなたも、障害年金を受け取れる可能性が格段にアップするはずさ!

ちなみに、宮里はうつ病による障害年金を専門にする社労士なので、
うつ病で障害年金を受けたい人は、
まずは全国障害年金パートナーズの障害年金無料判定を受けてみておくれよ。