うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金の手続き・申請

役所が診断書を見るときの判断基準は、性悪説となります

障害年金の審査において、 最も重要な書類は診断書です。 この診断書に書かれた本人の症状・状態と 病歴・就労状況等申立書で本人が書いた症状・状態とが異なる場合、

障害認定日以降3ヶ月以内の診断書がとれなければ、認定日請求はできないのか?

障害年金の認定日請求を行うためには、 障害認定日(初診日から1年6ヶ月経過日)から3ヶ月以内の現症日の 診断書を用意しなければなりません。 この「3ヶ月以内の診

障害年金の要件確認は、確認手順が大切!

障害年金を受給するには、 3つの要件(初診日要件、保険料納付要件、障害等級要件)を 確認していくことが必要です。 しかし、この3要件の確認にはどの要件から確認し

障害年金の審査請求、再審査請求の結果が予測しにくくなっています

年金に関する審査請求のうち、約90%が障害年金の審査請求だということを 知っていますか? いかに国民が行政を信用していないかが何となく見えてくる気がします。 そ

障害年金の審査請求制度の5つの問題点

障害年金の審査請求・再審査請求といった不服申し立て制度は、 制度として6つの問題があります。 【問題①】 役所の処分・決定の内容には、詳細な理由が書かれていませ

障害年金の決定に納得できないとき、審査請求の前に行うこと

障害年金の請求、額改定請求、更新時の障害状態確認届など、 障害年金には複数の手続きがありますが、 長く障害年金を受給している人ほど色んな手続きを経験します。 そ

障害年金の請求書の作成を年金事務所の職員に頼むことはできるか?

障害年金の請求において、自分で書類を作成すると誤りや記入もれなどが心配 なので年金事務所の職員に書いてもらうことはできないか、 と思うことがあるかもしれません。

障害年金の実地調査が行われた場合の対応方法

障害年金は原則として提出した書類のみで審査されます。 しかし、すべての審査を書類のみで行うのは限界があり、 例外的に実地調査が行われることがあります。 障害年金

障害年金の請求窓口

障害年金の請求を行うとき、年金事務所に請求書を提出すれば良いかというと、 必ずしもそうではありません。 場合によっては、市町村だったり共済組合だったりします。

初診日を確定する書類、それが受診状況等証明書です

障害年金を受給するためには、初診日を確定させなければなりません。 同じ病院でずっと治療を受けていた場合は診断書によって初診日が 決まります。 しかし、うつ病など

1 2 3 4 5 6 8