うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

その他手続きに関すること

役所が診断書を見るときの判断基準は、性悪説となります

障害年金の審査において、 最も重要な書類は診断書です。 この診断書に書かれた本人の症状・状態と 病歴・就労状況等申立書で本人が書いた症状・状態とが異なる場合、

障害認定日以降3ヶ月以内の診断書がとれなければ、認定日請求はできないのか?

障害年金の認定日請求を行うためには、 障害認定日(初診日から1年6ヶ月経過日)から3ヶ月以内の現症日の 診断書を用意しなければなりません。 この「3ヶ月以内の診

障害年金の請求書の作成を年金事務所の職員に頼むことはできるか?

障害年金の請求において、自分で書類を作成すると誤りや記入もれなどが心配 なので年金事務所の職員に書いてもらうことはできないか、 と思うことがあるかもしれません。

障害年金の実地調査が行われた場合の対応方法

障害年金は原則として提出した書類のみで審査されます。 しかし、すべての審査を書類のみで行うのは限界があり、 例外的に実地調査が行われることがあります。 障害年金

障害年金の請求窓口

障害年金の請求を行うとき、年金事務所に請求書を提出すれば良いかというと、 必ずしもそうではありません。 場合によっては、市町村だったり共済組合だったりします。

初診日を確定する書類、それが受診状況等証明書です

障害年金を受給するためには、初診日を確定させなければなりません。 同じ病院でずっと治療を受けていた場合は診断書によって初診日が 決まります。 しかし、うつ病など

病歴・就労状況等申立書と受診状況等証明書に不備があるとどうなるか

診断書と病歴・就労状況等申立書には整合性があることが求められます。 しかしそれは、受診状況等証明書にも同じ事がいえるのです。 これらの書類に整合性がない場合や不

年金事務所の障害年金に対する相談・受付マニュアル

障害年金の手続きは大変煩雑なため、 年金事務所の職員によってある程度対応が異なります。 とはいえ、職員によってあまりのも対応が違うのは問題となりますので、 日本

障害年金における障害状態確認届の手続きについて

うつ病で障害年金を受給する場合、通常は2年から5年の有期認定となります。 そして、障害年金の更新時には「障害状態確認届」を提出することになります。 障害状態確認

障害年金の配偶者・子の加算についての補足

障害基礎年金の1級と2級には子の加算、 障害厚生年金の1級と2級には配偶者加算が付きます。 子の加算と配偶者加算は、障害年金の受給権発生時に子や配偶者を扶養して

1 2 3