障害年金の更新時に支給停止になる確率は、都道府県によって違います

障害基礎年金更新時の支給停止・減額となる人が60%も増加していた!

障害年金は、一部の例外を除き1年〜5年ごとに
更新手続きが行われます。

症状に変化がなければ現状維持の等級となり、
症状が悪化していれば上の等級に、
症状が改善されていれば下の等級または不支給となります。

この更新時における詳細なデータは公開されていませんでしたが、
都道府県単位で手続きする障害基礎年金の一データが公開されました。

すべての都道府県で詳細なデータをとっていたわけではありませんが、
2010年度〜2013年度の障害基礎年金の支給停止・減額に関する
データが残されている八つの県の情報をまとめたのが下記の表です。

todoufukennbetusikyuuteisi.001

これを見ても分かるとおり、
2010年度の支給停止・減額率の平均は2.3%だったものが、
年々増え続けて2013年度には3.7%にまで上昇しました。

支給停止・減額率は60%も増加しています。

とくに岡山県は2012年度には11.5%に達し、
2010年度から約5倍に増えていました。

日本年金機構は「支給を絞る意図はない」と説明しています。

しかし、我々障害年金専門の社会保険労務士の間では
年金受給者の増加に伴って障害年金の審査が厳しくなり
支給を抑制されている、という話は以前からありました。

すべての都道府県で更新時の支給停止データがとられていたわけではないため
はっきりと明言できませんが、障害年金不支給率と同様に
都道府県によってかなりのバラツキがありそうです。

一刻も早く、すべての都道府県で公平な審査が行われることを望みます。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)