障害年金は保険料を納めていないともらえません

保険料を納めなければ、障害年金は受け取れません!

5cba23096935e03c90c4668edb75b2f8_s

障害年金には、保険料納付要件というのがあります。

【保険料納付要件とは】
保険料納付要件とは、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月まで
の年金加入月数の2/3以上の期間が保険料納付済みか保険料を免除された月
であることをいいます。

ただし、上記の要件を満たしていなくとも、
初診日の属する月の前々月までの直近12ヵ月のすべてが保険料納付済みか
保険料免除された月であれば、
保険料納付要件を満たしたものとみなされます。

この保険料納付要件を満たしていないことで
障害年金を受けられないという人が意外と多くいます。

私たち全国障害年金パートナーズには毎日数件の相談がきますが、
保険料納付要件を満たしていないことで障害年金の請求手続きが
行えないという人が一定割合います。

先日も保険料納付不足が原因で障害年金を受けられないという人がいました。

他の要件はほぼ満たしていただけにとても残念です。

しかし、これは法律上の要件として定められており、
初診日が20歳前といった例外的なケース以外は必ず保険料納付要件が
求められます。

とくに若くしてうつ病になった人に関しては、
学生時代に国民年金を納めていなかったことが原因で
障害年金を受けられないという人がいました。

学生には納付特例制度といって、
保険料の納付が猶予される制度があります。

この学生納付特例制度を利用していれば
保険料を納めていなくとも障害年金は受けられたのですが、
本人はこの制度を知りませんでした。

相談者本人もがっかりしていましたし、
それ以上にご家族が落ち込んでいました。

国民年金や障害年金や学生納付特例の制度をちゃんと理解していればと
悔やみきれない様子でした。

しかし、どうしようもありません。

国民全員が年金に対する理解を深めるためにも、
政府にはもっと国民年金や障害年金の広報活動を行ってほしいものです。

近畿大学では2015年4月から全学部を対象に、
日本年金機構から講師を招いて「国民年金ガイダンス」を行うそうです。

この国民年金ガイダンスでは、学生納付特例制度についても
説明があるということです。

全国の大学で同様の取り組みが行えれば、
学生納付特例制度を利用する学生も増え、
保険料納付要件がネックで障害年金を受けられないという人が
減るかもしれません。

近畿大学のこの取り組みが他の大学にも広がることを願います。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)