双極性障害(躁うつ病)と障害年金

双極性障害(躁うつ病)と障害年金について

01e5c01d99988adf9abf6e5fc32b268a_s 1f82b9d3eb2d8c2524b4fcc69d50e947_s

1.双極性障害(躁うつ病)という病気について


双極性障害とは、一言で言うと躁とうつの状態が行ったり来たり
する病気のことです。

症状としては次のようなものが現れます。

【躁状態の症状】
●爽快感・興奮
●自己評価の高揚・自分は特別だと過大評価する
●敵意に満ちた気分になる
●新しい活動や創造的な活動を行う
●浪費
●多弁・落ち着きがなくなる・話が色んな方向に飛んでしまう
●睡眠時間の減少
●性欲増進

【うつ状態の症状】
●抑うつ気分
●意欲減退
●不眠・過眠
●不安
●食欲の減退または増加
●焦燥感・罪悪感に苛まれる
●思考力や集中力の低下
●希死念慮・自殺企図

躁状態となると自分は何でもできると思い、
とても活発的になります。

ただ、その活発さは場合によっては周りからは異常行動と
見えることもありませす。

何日も不眠不休で創作活動を行ったり、
お金もないのに高級車を買ってしまったり、
いきなり国会議員になろうとして選挙に出ようとしたり・・・。

本人はいたって真面目ですので、
周りが止めても言うことを聞きません。

むしろアドバイスをしてくれた人を敵対視することも多々あります。

しかしこの躁状態はずっと続くわけではありません。

うつ状態に反転するときがくるのです。
そうなったら自分はなんてことをしていたんだと
罪悪感に苛まれることになります。

”なんであんなことをしてしまったんだ”
”自分はもう生きている価値なんてない”

などと思うこともしばしばです。

双極性障害は、本人にとっても家族にとっても大変な病気です。

 

2.双極性障害(躁うつ病)と障害年金について


双極性障害は、障害年金の対象となる病気です。

次の三つの要件を満たしていれば、
障害年金を受け取ることができます。

【要件①:初診日に年金制度に加入していたこと】
初診日とは、病気ではじめて病院を受診した日をいいます。
この初診日に国民年金や厚生年金、共済年金に加入していれば大丈夫です。

ほとんどの人は、この初診日要件は満たしているはずです。

【要件②:保険料の未納が少ないこと】
具体的には、初診日の前日において、初診日の前々月から前1年間に
国民年金や厚生年金・共済年金の保険料に未納がなければ大丈夫です。

もし未納があった場合、20歳から初診日の前々月までの期間に、
未納が3分の1以上なければ大丈夫です。

もし上記の条件を満たしていなかった場合、
残念ながら保険料納付要件を満たしていないとして
障害年金は支給されません。

ただし、初診日に20歳未満だった人は保険料を納めていなくても
問題ありません。

【要件③:障害状態が一定以上である】
働くことも困難、またはかなりの支障があるという状態であれば3級、
日常生活にも多くの支障が出ているのであれば2級、
常時介助が必要というレベルであれば1級となります。

ただ、双極性障害で1級が認定される人はほとんどいませんので、
実質上はほとんど2級か3級が対象となります。

これら三つの要件を満たしていれば、
手続きをすれば障害年金を受けられるはずですが、
実際はそう簡単にはいきません。

なぜなら、障害年金の審査は落とすための審査で、
書類に何らかの不備があれば不支給になるからです。

それ以前に、双極性障害で症状が重い人は
障害年金の書類を正しく書くことは難しいでしょう。

うつ状態のときは判断力や行動力が落ちているので
書類の作成自体が困難です。

一方、躁状態の時は書類の作成はできるでしょうが、
何の根拠もなく作った書類ですので、
不適切な部分があっても自分で気づくことはできません。

更に、主治医が診断書の作成に協力してくれなかったり
不適切な診断書を作成することも多々あります。

これらの問題を解決するためには、
障害年金専門の社会保険労務士に依頼するのが一番確実です。

それなりの費用がかかりますが、
あなたが受け取れる障害年金の総額と比べたら大したことはありません。

障害年金の請求は基本的には一発勝負で、
負けたら年金はもらえません。

一生にそう何度もない勝負を一人で行うか、
それとも障害年金専門の社会保険労務士という専門家を頼るか、
よく考えて決めて下さい。

ちなみに、私たち全国障害年金パートナーズには双極性障害の人からの
依頼も多いです。

※私たちは「うつ病による障害年金」専門の社労士事務所ですが、
双極性障害もうつ病と同じ認定基準で審査されますので得意としています。

過去に依頼を受けた双極性障害による障害年金は、
今のところは100%成功しています。

あなたがフルタイムで働いているという状況であれば障害年金は困難ですが、
仕事も困難で日常生活にも支障が出ているのであれば、
一度相談ください。

私たちなら障害年金という「経済的安心」をあなたに届けられると思います。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)